日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 アナゴ尽くしの食でPR 漁獲量1位の認知度向上

立食ビュッフェスタイルでアナゴ料理を楽しんだ

大田商工会議所(島根県)に事務局を置く実行委員会は11月11日、大田産のアナゴのPRイベント「あなごワンデイナイト」を道の駅「ロード銀山」で初めて開催した。

島根県は2017年、アナゴの水揚げ量全国1位。そのうち大田産が5割近いシェアを占めるため、同所では市内の水産業者や飲食店などの関連事業者と協力し地元産アナゴのブランド化を進めている。その一環として企画された同イベントは、知名度アップと地元での消費拡大につなげることが目的。市民たち約50人が参加して、定番の白焼きやすしをはじめ、マリネやビンチョス、サンドイッチなど市内三つの料理店が手掛けた10種のアナゴ料理を堪能した。大田のアナゴは50㌢㍍超の大きさとぷりぷりとした歯ごたえが特徴。これまで、多くが京阪神や首都圏へ出荷されるため地元での消費量は少なかった。そこで、市内の流通を増やすため、市内の飲食店へ働き掛けてアナゴ料理が味わえる飲食店MAPを制作中だ。「大田といえばアナゴ料理と定着させて観光振興につなげたい」と同所担当者。現在、地元の高校生とコラボしてアナゴを使用した新商品開発を行っており、将来的には近くの道の駅やコンビニでの販売も計画している。

次の記事

滋賀県 長浜商工会議所

長浜商工会議所(滋賀県)は1日午前、同所新会館の竣工(しゅんこう)式を挙行した。同所は1931(昭和6)年に創立され、同県内で2番目の歴史を持つ。旧会館は、1960(同35)年に建設、…

前の記事

栃木県 佐野商工会議所

佐野商工会議所(栃木県)は11月17日、ご当地グルメの「佐野らーめん」「いもフライ」の普及を推進する佐野らーめん会、佐野名物いもフライの会と共に、台風19号による被害を受け…

関連記事

香川県 高松商工会議所

高松商工会議所(香川県)は、経営者の高齢化、後継者不在などに伴う中小企業の廃業危機に対応するため、従来の「事業引継ぎ支援センター」と「ネットワーク事務局」を統合した…

長野県 飯田商工会議所

飯田商工会議所(長野県)は、飯田市、市議会と共に、2050年までに二酸化炭素(CO2)の排出実質ゼロを目指す「2050年いいだゼロカーボンシティ宣言」を3月19日に行った。宣言の…

岡山県 岡山商工会議所

岡山商工会議所は、創立140周年に当たり、「2030年に向けたまちづくり提言」を策定。松田久会頭らが3月29日に大森雅夫市長に手渡し、実現を求めた。提言は、岡山市を日本一住み…