日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 産業観光の手法 企業と地域をどう活性化するか

産業観光の手法 企業と地域をどう活性化するか

産業観光の手法 企業と地域をどう活性化するか

産業観光推進会議

食品や酒などの製造ラインを見て楽しむ、企業主催の先端工場見学。伝統工芸品を生み出す職人技に触れる工房体験。そして、世界遺産となった石見銀山や富岡製糸場をはじめとした近代化遺産探訪に、注目の工場夜景見学などなど、今や〝産業観光〟は年間7000万人が訪れる一大レジャーとなっている。

本書は、産業観光によるまちづくりについて論じた画期的な手引書となっている。10年以上にわたる研究・調査結果を踏まえてその実態を明らかにし、全国の成功事例や最新の動きをレポート。地域活性化につながる企画・運営手法のヒントが満載だ。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

次の記事

松本俊人

著者は、埼玉県川口市で空間プロデュース業を営む経営者。本書では、フリーペーパーの製作や講演会の開催など、客やファンを増やすために独自の取り組みを続ける著者の、個性あ…

前の記事

羽深成樹

論語と「やせ我慢」 日本人にとって公共心とは何か 羽深成樹著 著者は、内閣府政策統括官を務める現役キャリア官僚だ。30代の終わりに中央省庁再編という一大プロジェクトに…

関連記事

小林久/野原蓉子

本紙連載「商いの心と技」の商い未来研究所代表・笹井清範氏が推薦する。「自身の倒産に至る経緯・原因を赤裸々につづり、『こうして店は潰れた』を大幅に増補改訂。コロナ禍に…

八木良太/金子正信

ジェトロ世界貿易投資報告2020年版~不確実性増す世界経済とデジタル化の行方~世界全体と主要国・地域の経済・貿易・直接投資・通商ルール動向を豊富なデータや海外事務所から…

全国中小企業振興機関協会

公益財団法人全国中小企業振興機関協会は現在、下請代金支払遅延等防止法(下請法)のポイントが分かるテキスト『実践! 下請法』改訂版(写真)を販売している。同テキストは、毎…