日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 事例に学ぶ!モチベーション・マネジメント 組織活性化の処方箋

事例に学ぶ! モチベーション・マネジメント 組織活性化の処方箋

菊入みゆき著

モチベーションは、「やる気」という意味で使われるが、成果に影響を与えることが明らかになっている。すなわち同じ知識・スキルであれば、モチベーションの高い人の方が高い成果を生むことから、ビジネスの現場ではとても重要視される。また、働く個人にとっても有益で、人生の質を向上させる要素となる。

企業は、企業体として成果を上げ、発展を続けるためにも、そして、従業員に満足感を持って仕事をしてもらうためにも、モチベーション向上を実現し続ける必要がある。

本書では、さまざまな企業で実際に実施されたモチベーション向上の施策や取り組みを、具体的かつ分かりやすく紹介。製造、IT、サービス、流通、金融など幅広い業種の、新入社員、中堅社員、女性社員、管理職などさまざまな立場の社員を対象とし、テーマも一体感醸成、理念浸透、上司と部下の関係など多岐にわたり、そのまま使える事例、アレンジして応用できるアイデアを数多く取り上げている。(A5判/146頁/税込1404円/経団連出版)

次の記事

本田有明

多くの企業で成果主義が有効に機能せず、弊害が目立つのは、単純な道理を見誤ったケースが多い。本書は、人材育成の秘訣について、人の動かし方や部下育成、人材マネジメントの…

前の記事

野川悟志

近年、増加傾向にある訪日外国人旅行客をターゲットにした免税店事業が、多くの経営者から注目されている。本書では、国税庁や東京国税局を歴任したベテラン税理士である著者が…

関連記事

坂本光司/坂本洋介/水沼啓幸

コロナ禍でもしっかりと大切な取り組みを続ける企業は、事業を見つめ直す機会と捉え、来たるべき新しい時代に備える。社員の教育を強化し、ビジネスモデル転換を図っている。同…

山田泰造

日本商工会議所が発行する『月刊石垣』2016年11月号の特集「ピンチをチャンスに変える プロが教えるクレーム対応の最新技術」に登場した著者の最新刊。現代社会では、ストレス…

日本経済団体連合会

人事・労務全般に関する基本的な事項や、重要な労働法制の概要、改正の動向、わが国の労働市場について、図表を用いて分かりやすく解説している。雇用調整助成金などの新型コロ…