日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 むつ女性会 恐山の参道を美しく 観世音菩薩などに真心を

手際よく清掃とお色直しを施すメンバーたち

むつ商工会議所(青森県)女性会は7月12日、「恐山観音・地蔵尊衣替えと清掃奉仕事業」を実施した。同事業は、昭和60年から毎年この時期に欠かさず実施しているもので、今年で32回目を迎えた。

日本三大霊山である恐山へ向かう街道沿いには、石仏観世音菩薩33体や地蔵尊が建立されている。これらは、今から150年以上前に設置されたもので、長い間、雨風にさらされたため、汚れが目立ったり、周辺の樹木などで隠れたりしていた。この状態に心を痛めた同女性会では、毎年7月下旬に開催される恐山大祭を前に、観光客や参拝に訪れる人を気持ちよく迎えたいとの思いから、事業を開始。以来、地域に根差した取り組みとして、また、女性会の恒例事業として毎年行っている。

実施日には、朝からメンバー18人が集まり、バスなどで移動しながら約14kmにわたって建立されている観世音菩薩や地蔵尊の古い頭巾や前掛けを新しいものに交換。周辺の雑草を刈り取り、そして、心を込めて手を合わせた。最後の33体目がある恐山がゴールとなり、宿坊で参加メンバー全員に振る舞われた精進料理に舌鼓を打った。

同事業は、歴史的な文化価値がある恐山大湊参道の保全として地域にはもちろん、参拝客などにも好評で、観光振興にも大きく貢献。平成19年度には地球環境美化功績者として、環境大臣より表彰も受けている。

同女性会の坂本悦子会長は、「恐山は下北地域観光の目玉でもあり、観光客を気持ちよくお迎えしたい。むつにどうぞお越しください」と話している。

次の記事

福島県 会津若松商工会議所

会津若松商工会議所(福島県)と会津藩ゆかりの地域の9商工会議所は平成30年の戊辰戦争150年を前に交流人口増大に向けて結束を誓うため7月11日、京都市において「ゆかりの地CCI観…

前の記事

石川県 輪島商工会議所

輪島商工会議所(石川県)と台湾・台北市にある経済団体「台北市国際工商経営研究社」(台北IMC)は6月28日、友好協定「台北IMC・輪島CCI 友好MOU」を締結した。同所が海外の団体と…

関連記事

長野県 飯田商工会議所

飯田商工会議所(長野県)は、飯田市、市議会と共に、2050年までに二酸化炭素(CO2)の排出実質ゼロを目指す「2050年いいだゼロカーボンシティ宣言」を3月19日に行った。宣言の…

岡山県 岡山商工会議所

岡山商工会議所は、創立140周年に当たり、「2030年に向けたまちづくり提言」を策定。松田久会頭らが3月29日に大森雅夫市長に手渡し、実現を求めた。提言は、岡山市を日本一住み…

岩手県 久慈商工会議所

久慈商工会議所(岩手県)に事務局を置く、久慈・宮古・釜石・大船渡・八戸の商工会議所と岩手県県北広域振興局、沿岸広域振興局から構成される「三陸グルメマンガプロジェクト…