日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 目標による管理 ―組織成果を高める運用法、職場水準に応じた展開法

目標による管理―組織成果を高める運用法、職場水準に応じた展開法

金津健治 著

「目標による管理」(目標管理)は、今日ではどこの企業でも人事評価制度や経営管理の仕組みとして欠かせないものとなっているにもかかわらず、多くの職場ではいまだに試行錯誤が繰り返されている。問題となっている点を解決しようと仕組みを見直しても、別の新たな不具合が生じ、人事担当者も管理職も変更された仕組みに振り回されているのが実情だ。本書は、そのような中で管理職が、自身のマネジメント力や部下の特性、業務の繁忙度などに合わせて目標管理を展開するために必要な方法を紹介している。

(B5判/158頁/1800円(税抜き)/経団連出版)

次の記事

須田寬

〝新しい観光〟として「産業観光」「街道観光」「都市観光」を提唱する著者は、日本人が持っている「観光」に対するイメージ、「観光=遊び」という概念を変えるために、観光に…

前の記事

商店街研究会

本書は2013年に刊行した『TOKYOキラリと光る商店街』に続く、商店街活性化事例集の第2弾。前作からさらに研究を深め、新たに蓄積した、時流を反映した新しい取り組みや地域活性…

関連記事

小林久/野原蓉子

本紙連載「商いの心と技」の商い未来研究所代表・笹井清範氏が推薦する。「自身の倒産に至る経緯・原因を赤裸々につづり、『こうして店は潰れた』を大幅に増補改訂。コロナ禍に…

八木良太/金子正信

ジェトロ世界貿易投資報告2020年版~不確実性増す世界経済とデジタル化の行方~世界全体と主要国・地域の経済・貿易・直接投資・通商ルール動向を豊富なデータや海外事務所から…

坂本光司/坂本洋介/水沼啓幸

コロナ禍でもしっかりと大切な取り組みを続ける企業は、事業を見つめ直す機会と捉え、来たるべき新しい時代に備える。社員の教育を強化し、ビジネスモデル転換を図っている。同…