職場の教養 回り道もまたよし

本コーナーは、社団法人倫理研究所の協力をいただいています。『職場の教養』は同研究所が発行している月刊誌で、同研究所の法人会員向けに頒布されている非売品です。詳しくはホームページhttp://www.rinri-jpn.or.jp/をご覧ください。

回り道もまたよし

人が生きていく上で、失敗や挫折はつきものです。

誰もが物事の成就を目指して、励んでいます。失敗は自分にとってマイナスであり、できればしたくはないと思うものです。

しかし一方で、苦しみや悩みが、人間を大きく育んでくれることも事実です。「あの失敗が大きな勉強になった」「あの頃の挫折があったからこそ、今の自分がある」といった身近な人の体験談は、誰でも耳にしたことはあるでしょう。

つまづくこともなく、遠回りをすることもない人生は、それなりに素晴らしいものです。しかし、たとえ失敗により回り道をしても、〈自分にとっては成長の糧になり、肥やしになる〉と、明るく積極的に捉えることも大切です。

人の幸不幸は、同じ物事をどう捉えるかです。起きてくることをマイナスに受け止めれば心は沈み、プラスに捉えれば、明るさと活気を自ら招くことができるでしょう。

失敗を糧に、プラスの人生を構築していきたいものです。

今月の心掛け

失敗を肥やしにしましょう

次の記事

職場の教養 完璧主義の害

社団法人倫理研究所

「君は完璧を求めすぎる」。上司からそう指摘され、Kさんはハッとしました。製作チームのリーダーに選ばれたKさんは、様々な情報を収集し、ビジョ...

前の記事

職場の教養 桜の美しさに学ぶ

社団法人倫理研究所

『万葉集』には、桜を詠んだ和歌や俳句が数多く収められています。桜は古来より日本人に親しまれ、人々の生活と、密接に関わっていました。奈良・...

関連記事

職場の教養 ハガキの投函

社団法人倫理研究所

Mさんは、取引先の担当者に、商談が成立した礼状を書きました。 ハガキを投函しようと席を立つと、上司から「これも出しておいてくれ」と、ハガキ...

職場の教養 やってみる勇気

社団法人倫理研究所

〈やったほうがいい〉と心では思っていても、一歩踏み出すのはなかなか難しいものです。東海地方の、ある食品会社は、お客様から受注した食材を女...

職場の教養 突然の依頼

社団法人倫理研究所

仕事をする上で、一日の見通しを立てることは大切です。朝にその日の予定を立て、優先順位をつけてから、仕事に取りかかる人は多いでしょう。とこ...