職場の教養 完璧主義の害

本コーナーは、社団法人倫理研究所の協力をいただいています。『職場の教養』は同研究所が発行している月刊誌で、同研究所の法人会員向けに頒布されている非売品です。詳しくはホームページhttp://www.rinri-jpn.or.jp/をご覧ください。

完璧主義の害

「君は完璧を求めすぎる」。上司からそう指摘され、Kさんはハッとしました。

製作チームのリーダーに選ばれたKさんは、様々な情報を収集し、ビジョンを思い描いていましたが、完璧を求めるあまり、行動に移せずにいたのです。

計画通りに進まない焦りや苛立ちから、逃げだしたいと思うことさえありました。その心情を見抜いたかのような、上司の言葉だったのです。

「君の思い描く商品は素晴らしい。だが、それを形にして、期日までに実現する実力が今の君にはあるか。今できるものを作ってみないか」という上司の言葉に、Kさんは、〈できることから始めよう〉と心を切り替えたのでした。

完璧を求める気持ちは誰にでもあります。しかし、そのために失敗を恐れて、最初の一歩を踏み出せなかったり、苛立ちを募らせてしまうことがあります。

失敗は成功の糧と捉えて、まずは今できる最善の方法にチャレンジすること。その先に、創意工夫を重ねて、自分の描く理想に近づいていく道もあるのです。

完璧主義を一旦脇において、今の最善策を行動に移していきましょう。

今月の心掛け

今の最善を尽くしましょう

次の記事

職場の教養 「全然大丈夫」

社団法人倫理研究所

上司や先輩に対して、正しく言葉を使うことは、社会人としてのマナーでしょう。誤りと気づかずに使ってしまう、間違いやすい言い方があります。 ...

前の記事

職場の教養 回り道もまたよし

社団法人倫理研究所

人が生きていく上で、失敗や挫折はつきものです。誰もが物事の成就を目指して、励んでいます。失敗は自分にとってマイナスであり、できればしたく...

関連記事

職場の教養 ハガキの投函

社団法人倫理研究所

Mさんは、取引先の担当者に、商談が成立した礼状を書きました。 ハガキを投函しようと席を立つと、上司から「これも出しておいてくれ」と、ハガキ...

職場の教養 やってみる勇気

社団法人倫理研究所

〈やったほうがいい〉と心では思っていても、一歩踏み出すのはなかなか難しいものです。東海地方の、ある食品会社は、お客様から受注した食材を女...

職場の教養 突然の依頼

社団法人倫理研究所

仕事をする上で、一日の見通しを立てることは大切です。朝にその日の予定を立て、優先順位をつけてから、仕事に取りかかる人は多いでしょう。とこ...