日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 儲かりたければ女性の力を借りなさい/世界の伸びている中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?

儲かりたければ女性の力を借りなさい

儲かりたければ女性の力を借りなさい

小山昇著

「女性を戦力化した企業だけが儲けられる」と言い切る著者の会社は、12年連続増収増益という超優良企業であり、従業員700人のうち、なんと500人が女性だという。 強い会社をつくる人材活用の極意、そして、女性の資質を生かして能力を引き出すノウハウが詰まった1冊。

(四六判/208頁/税込1620円/商業界)

世界の伸びている中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?

安西洋之著

ミラノ在住のビジネスプランナーが、ヨーロッパを中心に海外の元気な中小・ベンチャー企業の経営者に徹底取材。ビジネスモデル、海外ビジネスにおけるコツ、異文化対応などについて掘り下げていく。躍進する日本企業の事例もあり、興味深い。「伸びている企業は真に正しい経営を実践している」という著者の実感に納得。

(四六判/272頁/税抜1580円/クロスメディア・パブリッシング)

次の記事

おすすめ書籍 ASEAN・南西アジアのビジネス環境

若松勇・小島英太郎

ASEAN・南西アジアのビジネス環境 若松勇・小島英太郎編著 ASEAN・南西アジアの最新のビジネス投資環境が分かる一冊だ。生産拠点、消費市場とし...

前の記事

おすすめ書籍 中国の「穴場」めぐり/中国改革の深化と日本企業の事業展開/誤解だらけの電力問題

日本日中関係学会/真家陽一/竹内純子

中国の「穴場」めぐり 日本日中関係学会編 経済紙の人気連載を加筆・再構成した本書。登場するのは、最近まで外国人の立ち入りが禁じられていた...

関連記事

おすすめ書籍 渋沢栄一と安岡正篤で読み解く論語/ジェトロ貿易ハンドブック2021

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する...

おすすめ書籍 新型コロナとまちづくり

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが...

おすすめ書籍 渋沢栄一伝―道理に欠けず、正義に外れず―/地域金融の未来―金融機関・経営者・認定支援機関による価値共創―

井上潤/森俊彦

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーと...