日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 美味しい田舎のつくりかた

美味しい田舎のつくりかた

美味しい田舎のつくりかた 地域の味が人をつなぎ、小さな経済を耕す

金丸弘美著

地域活性化アドバイザーで食環境ジャーナリストでもある著者は、全国1000カ所の農山漁村へ足を運び、地域の人々が育んできた〝食〟の豊かさを伝えてきた。本書では、生産と消費をつなぐことで地方に仕事を生み出している〝ローカル・スモールビジネス〟の起業家たちを取材。思わずその地を訪れたくなるような、おいしくて熱い事例が満載だ。

(四六判/208頁/税込1890円/学芸出版社)

次の記事

小林直人/伊藤崇/尾久陽子/渡邊竜行

相続実務に役立つ〝戸籍〟の読み方・調べ方 小林直人・伊藤崇・尾久陽子・渡邊竜行 共著 来年1月の相続税増税で、今後はちょっとした手続きのミスが大きなリスクにつながる…

前の記事

経団連出版

企業力を高める女性の活躍推進と働き方改革 経団連出版編 少子高齢化と人口減少が進む昨今。女性の活躍の重要性はますます高まっており、企業は管理職や役員に積極的に女性を…

関連記事

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する安岡正篤の孫である著者が、…

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが詰まっている。数多くの現場を…

井上潤/森俊彦

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーとされる。生涯関係した企業の数…