日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 相続実務に役立つ〝戸籍〟の読み方・調べ方

相続実務に役立つ〝戸籍〟の読み方・調べ方

相続実務に役立つ〝戸籍〟の読み方・調べ方

小林直人・伊藤崇・尾久陽子・渡邊竜行 共著

来年1月の相続税増税で、今後はちょっとした手続きのミスが大きなリスクにつながるかもしれない。本書では、遺産相続の際に相続人を確定させるために必要な戸籍の仕組みと基礎知識に加え、取り寄せ方、読み方までを分かりやすく解説。手掛けたのは、税理士、弁護士、行政書士からなる執筆陣だ。 豊富な実例はもちろん、金融機関の目線でチェックした要注意ポイントも掲載。目的に応じてどの章からでも読める構成がうれしい。

(A5判/232頁/税込2592円/ビジネス教育出版社)

次の記事

童門冬二

新訳 信長の言葉 童門 冬二著 天下布武を掲げ、既成勢力と徹底的に戦った織田信長。その鮮烈な生きざまは今もなお迷える現代人の心を刺激し続け、日本でもっとも人気のある…

前の記事

金丸弘美

美味しい田舎のつくりかた 地域の味が人をつなぎ、小さな経済を耕す 金丸弘美著 地域活性化アドバイザーで食環境ジャーナリストでもある著者は、全国1000カ所の農山漁村へ足…

関連記事

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する安岡正篤の孫である著者が、…

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが詰まっている。数多くの現場を…

井上潤/森俊彦

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーとされる。生涯関係した企業の数…