日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 新訳 信長の言葉

新訳 信長の言葉

新訳 信長の言葉

童門冬二著

天下布武を掲げ、既成勢力と徹底的に戦った織田信長。その鮮烈な生きざまは今もなお迷える現代人の心を刺激し続け、日本でもっとも人気のある戦国武将ともいわれている。

本書は、著者いわく「言葉でたどる信長史」。史実に残るもの、それぞれの局面で発したであろうものを含め、新しい時代を切り拓いた信長の生き生きとした言葉を通して、勇気をもらえる一冊だ。番外編として豊臣秀吉、武田信玄、明智光秀、斎藤道三など、信長を取り巻くそうそうたる武将の名言も収録。

(四六判/229頁/1512円(税込)/角川マガジンズ)

次の記事

羽深成樹

論語と「やせ我慢」 日本人にとって公共心とは何か 羽深成樹著 著者は、内閣府政策統括官を務める現役キャリア官僚だ。30代の終わりに中央省庁再編という一大プロジェクトに…

前の記事

小林直人/伊藤崇/尾久陽子/渡邊竜行

相続実務に役立つ〝戸籍〟の読み方・調べ方 小林直人・伊藤崇・尾久陽子・渡邊竜行 共著 来年1月の相続税増税で、今後はちょっとした手続きのミスが大きなリスクにつながる…

関連記事

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する安岡正篤の孫である著者が、…

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが詰まっている。数多くの現場を…

井上潤/森俊彦

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーとされる。生涯関係した企業の数…