CO2

約束草案 温室効果ガス26%削減 正式に国連へ提出

政府(内閣官房、経済産業省、環境省)で構成する地球温暖化対策推進本部(本部長=安倍晋三首相)はこのほど、2030年度の温室効果ガス削減目標を13...

今夏の電力需給 供給予備率7% 西日本は綱渡り続く

経済産業省はこのほど、電力需給検証小委員会の報告書を取りまとめた。今夏の電力需給の見通しについては、電力の供給余力を示す予備率が全国平均7...

セレクト地域短信 ゴーヤで緑のカーテンを CO2削減を推進

埼玉県 行田商工会議所

行田商工会議所(埼玉県)は11日、「ゴーヤの苗植え式」を開催した。同所では会員企業からの提案や要望を事業化する「活性化提案事業」を約7年前から...

明るい未来に向け踏み出すとき 日本商工会議所第121回通常会員総会 三村会頭あいさつ

本日は、日本商工会議所第121回通常会員総会を、安倍内閣総理大臣、また、全国各地の商工会議所から、多数の皆さまにご出席いただき、盛大に開催す...

テーマ別企業事例 特集1 誤解だらけの日本のエネルギー問題

清水印刷紙工株式会社/柏崎刈羽原子力発電所/竹内純子/堀義人

福島原発事故以降、原子力発電の必要性を正しく理解している政治家、財界人、電力関係者が自由に声を上げることができなくなりました。再稼働を支...

会頭会見 年明け再稼働に期待 川内原発 地元同意を歓迎

日本商工会議所の三村明夫会頭は7日の定例記者会見で、九州電力川内原子力発電所の再稼働に、伊藤祐一郎鹿児島県知事が同意する見通しであることに...

特別寄稿 再生可能エネルギーの普及策 抜本見直しを 後編

FITは廃止含め検討すべき 再生可能エネルギーの普及のために導入された全量固定価格買取制度(FIT)が行き詰まり、政府は制度の見直しの検討を開始...

厳しさ続く今夏の電力需給 供給予備率は4・6% 老朽火力依存 綱渡り続く

政府は4月30日、電力需給検証小委員会の報告書を取りまとめた。夏のピーク時の供給予備率は全国平均で4・6%と引き続き厳しい状況。政府はこの報告を...

  • 1
  • 2