日商 Assist Biz

更新

為替

YEG(青年部)フラッシュ 常にポジティブに前進し続けよう

大阪府 箕面YEG

今、日本の経済状況は安倍政権のもと、「3本の矢」である「大胆な金融政策」「機動的な財政政策」「民間投資を喚起する成長戦略」で、経済再生に取...

真壁昭夫の経済底流を読み解く 日本経済を左右する米国の金融政策 政策金利引き上げがもたらすもの

真壁昭夫

今年の世界経済と金融市場の動きを考えると、最も重要なファクターは米国経済の動きだ。足元の世界経済を見ると、ユーロ圏の景気は低迷が続き、中...

コラム石垣 2015年1月21日号 中山文麿

中山文麿・政治経済社会研究所代表

バブル崩壊後、日本の経済力は驚くほど落ちてしまった。国の国際競争力を示す円の実質実効為替レートは42年ぶりの低水準だ。▼ここ四半世紀の日中の...

LOBO11月結果 4カ月連続業況悪化 先行き見通し コスト増に警戒感

日本商工会議所は11月28日、全国422の商工会議所を通じて3156企業にヒアリングした結果を取りまとめた早期景気観測調査「商工会議所LOBO調査」の11...

真壁昭夫の経済底流を読み解く 円安の功罪そのメリット、デメリットとは

真壁昭夫

足元の為替市場で、円安・ドル高の傾向が鮮明になっている。この背景には、米国景気が回復し始め、FRB(米連邦準備制度理事会)による金利引き上げ...

LOBO付帯調査 円安加速に懸念の声 望ましい為替水準 105円未満が8割超

日本商工会議所は9月30日、「商工会議所LOBO調査」の9月結果とともに、「経営上望ましい為替水準」「非正規社員の充足状況と確保に向けた対応」「2...

会頭会見 景気は足踏み続く 業種・規模でばらつき

日本商工会議所の三村会頭は1日、定例の記者会見に臨み、景気情勢について、「実情を見ると足踏み状態が続いているということだと思う」と述べると...

会頭会見 急激な円安に懸念 消費税率再引き上げ 条件整備を急げ

日本商工会議所の三村明夫会頭は11日、定例の記者会見で最近の円安の状況について、「今回の円安の要因は、米国の景気が非常に力強く、金融政策の...

世界に「経済連携」の網を張る

経済産業省はこのほど、2014年版の通商白書を閣議に報告した。白書では、「世界に『経済連携』の網を張る」「新興国への戦略的な取り組み」「対内...

真壁昭夫の経済底流を読み解く わが国はデフレから抜け出せるか? 中国・欧州の経済悪化、日本企業の輸出伸び悩みに懸念

真壁昭夫

足元のわが国の経済は、長く苦しめられてきたデフレから脱却できるか否か、重要なポイントに差し掛かっている。経済専門家の間でもさまざまな見方...

稼げるビジネスモデル確立を

政府はこのほど、経済産業省、厚生労働省、文部科学省の3省共同で作成した「平成25年度ものづくり基盤技術の振興施策」(2014年版ものづくり白書)を...

100年経営に極意あり!長寿企業の秘密 刺しゅうの新たな可能性を開くオリジナル・ブランドを開発

株式会社 笠盛

群馬県の桐生市は、奈良時代から続く織物産地で「西の西陣・東の桐生」といわれるほど織物が盛んな土地柄だ。笠盛はこの地で明治10(1877)年に創...

まちづくりの先進事例 Vol.2 ~ドイツ・ローテンブルク~ 中世のまちは全て「本物」

カッセル大学(ドイツ) 遠藤俊太郎

ローテンブルクは南ドイツの北、古城街道とロマンティック街道が交差する地点にある人口約1万の小都市で、城壁に囲まれた中世のままの旧市街が魅力...

おすすめ書籍 UCP600に基づく書類点検に関する国際標準銀行実務/インドネシア経済の基礎知識/イチからお金を借りるときに読む本

国際商業会議所日本委員会/塚田学・藤江秀樹/匹野房子

UCP600に基づく書類点検に関する国際標準銀行実務 国際商業会議所日本委員会 訳 ISBP(ICC荷為替信用状に基づく書類点検に関する国際標準銀行技...

「下町育ちの再建王」の経営指南 真相は深層にあり

小山政彦

先月は今年の景気動向をテーマに、「時流」について私の見方を紹介しましたが、今月はその奥底にある真相について考えてみたいと思います。私は日...

LOBO12月結果 業況DIは大幅改善 コスト増から先行きには不安

日本商工会議所が昨年12月27日に発表した商工会議所LOBO(早期景気観測)調査の平成25年12月結果では全産業合計の業況DIは、前月から大幅(5・4ポイン...

真壁昭夫の経済底流を読み解く 2014年、日本経済の鍵を握る“賃上げ” 大切なのは時間をかけた景気の回復

真壁昭夫

わが国経済は、2012年11月を底に緩やかな回復傾向にある。産業や地域によって回復のばらつきや差異はあるものの、実質ベースのGDPは12年10〜12月期...