日商 Assist Biz

更新

金利

真壁昭夫の経済底流を読み解く 世界経済の不透明要因=中国経済の“灰色のサイ”

真壁昭夫

2008年のリーマンショックによる世界的な景気後退の後、主要国はこぞって思い切った金融緩和策を実施し、景気刺激策を取った。その結果、景気は持...

真壁昭夫の経済底流を読み解く 米国経済の鍵を握る金融政策

真壁昭夫

昨年11月以降、米国の株式市場が不安定な展開を示したこともあり、これまで世界経済をけん引してきた米国景気の先行きに関して慎重な見方が増えて...

こんなときどうする会社の法律Q&A [今月のテーマ]法定利率変更の影響

第一法規株式会社

民法(債権法)改正により法定利率が変更されるとのニュースを聞きました。そもそも、法定利率はどのような場合に適用されるのでしょうか。また、...

未来投資会議 高齢者雇用促進を要望 三村会頭 就業機会の拡充必要

政府は10月22日、「第20回未来投資会議」を首相官邸で開催した。会合では高齢者雇用の促進や中途採用の拡大などについて議論した。会議に出席した...

LOBO付帯調査 18年度所定内賃金 「引き上げ実施」63%

日本商工会議所はこのほど、9月の商工会議所LOBO(早期景気観測)調査結果と共に、2018年度の所定賃金の動向などについてヒアリングした結果を発表し...

第128回通常会員総会 三村会頭あいさつ

本日は、日本商工会議所第128回通常会員総会を、世耕経済産業大臣、西村内閣官房副長官をはじめ各政党のご来賓の皆さま、また、全国各地の商工会議...

こんなときどうする会社の法律Q&A [今月のテーマ]会計参与制度

第一法規株式会社

当社は、融資を受けているA信用金庫の担当者から、「会計参与の設置を検討されてはどうですか」と勧められました。「会計参与」がどのようなものか...

真壁昭夫の経済底流を読み解く 懸念される米国の保護主義的政策

真壁昭夫

最近、米国トランプ大統領の保護主義的な政策運営が目立っている。大統領はツイッターで、「貿易戦争は良いことであり、それに勝つのもたやすい」...

真壁昭夫の経済底流を読み解く 米国の金利上昇が揺さぶる“適温相場”

真壁昭夫

今年2月以降、世界の主要金融市場がやや不安定化している。今のところ、世界経済のファンダメンタルズ(経済の基礎的な条件)は安定していることも...

経済・物価テーマに 日銀が委員会で講演

日本商工会議所が2月14日に開催した第13回産業経済・第14回中小企業・第11回エネルギー・環境・第14回運営合同委員会で、日本銀行から最近の経済・...

会頭会見 為替相場の円高進行 「110円前後が正常」

日本商工会議所の三村明夫会頭は2月15日、定例の記者会見で、1ドル=106円台まで上昇した為替相場について、「私には円高になるという積極的な理由...

真壁昭夫の経済底流を読み解く わが国にも必要な 金融政策の正常化

真壁昭夫

現在、世界経済全体は堅調な展開を続けており、わが国の景気の足取りも順調だ。わが国経済は2012年11月に底を打って以降、戦後2番目に長い景気回復...

LOBO付帯調査 金融機関の貸し出し姿勢 「積極化している」26%

日本商工会議所はこのほど、9月の商工会議所LOBO(早期景気観測)調査結果と共に、日本銀行のマイナス金利政策導入後の金融機関の貸し出し姿勢につい...

改正民法のポイント 債権分野、抜本見直し

2016年5月26日に債権関係に関する改正民法が国会で成立した。債権分野の規定の抜本的な見直しが行われ、2020年をめどに施行される見込みだ。法制審...

真壁昭夫の経済底流を読み解く 世界的なインフレの芽と 政治情勢

真壁昭夫

3月15日、米国の中央銀行である連邦準備制度理事会(FRB)は、連邦公開市場委員会(FOMC)後に予想通り0・25ポイントの利上げを実施した。それと同...

YEG(青年部)フラッシュ 平成28年度YEG活動を振り返って

日本YEG

スローガンである「YEGベネフィット」のもとに活動してきた平成28年度の日本YEG。この一年間の集大成として「日本YEG政策提言」を取りまとめた。岡...

真壁昭夫の経済底流を読み解く トランプ大統領で “政治の時代”幕開け

真壁昭夫

2016年は、世界政治の中で予想外のことが起こった。英国のEU離脱=ブレグジットの決定、そして、米国大統領選挙のトランプ氏の当選と予想外のこと...

29年度政府予算案 中小企業対策費は1810億円に

政府はこのほど、平成29年度予算案を閣議決定した。一般会計の歳出総額は97兆4547億円と5年連続過去最大を更新。このうち、政府全体の中小企業対策...

真壁昭夫の経済底流を読み解く トランプノミクスの光と影

真壁昭夫

11月の米国大統領選挙で、大方の予想を覆してドナルド・トランプ氏が当選した。予想外の結果に経済専門家や投資家の間で大きな動揺が走り、株式や...

下請け取引の適正化について 経済産業大臣と公正取引委員会委員長 連名による親事業者代表者への要請全文 平成28年11月25日

経済産業大臣と公正取引委員会委員長 連名による親事業者代表者への要請全文 平成28年11月25日 公正取引委員会および経済産業省は、日頃より、...