日商 Assist Biz

更新

弁理士

知財のミカタ 全国9都市で「巡回特許庁」

技術やノウハウなど、ビジネスを支える知財。特許庁は来年2月まで、全国9都市で「巡回特許庁」を開催する。巡回特許庁は、「自分に関係ない」「難...

年金制度改正のポイント 第1回 高齢期の経済基盤強化

厚生労働省年金局

年金制度改正法がこのほど成立した。今回の年金改正の全体像、適用拡大の具体的内容、その影響やメリットなどを3回にわたって解説する。被用者保険...

テーマ別誌上セミナー 会社の“見えない財産”が新たな利益を生む 今さら聞けない「知財」基本のキ

鮫島正洋

「知的財産(知財)」とは、人間の知的創造活動により生み出された発明、考案、意匠などのことで、財産的価値を持つもののこと。特許権、実用新案...

特許庁 知財ポータルサイト開設 スタートアップ企業支援

特許庁はこのほど、スタートアップ企業に不可欠な知的財産に関する基礎知識や支援施策、イベントなどの最新情報を集約した知財ポータルサイト「IPB...

テーマ別企業事例 少ない商品、狭い領域でも業績を伸ばし続ける 「一点集中型」NO.1企業はココが違う

株式会社打江製作所/株式会社いかめし阿部商店/株式会社ナベル/株式会社ヤナギヤ

一つの分野や自社の技術に徹底的にこだわり、業界No.1を維持し続けている、いわば「一点集中型」の企業がある。今号は、自社製品に絶対の自信を持...

テーマ別企業事例 成果を生み出す“次の手”がある 「工・工連携」で切り抜けろ

株式会社FREE POWER

市場開拓、新製品の開発や設備投資……、中小企業一社では難しい課題がある。そこで、足りない部分を補いさらに強くなるために同じ製造業が互いの市...

こんなときどうする会社の法律Q&A 【今月のテーマ】不正競争防止法の改正をご存じですか?

第一法規株式会社

故意に営業秘密を転得し、使用または開示を行う行為が、左図のように3次取得者以降であっても実行行為者及び法人処罰の対象になりました。すなわち...

企業の22%が模倣被害 「ネット」で6割超

特許庁はこのほど、「2015年度模倣被害調査報告書」を取りまとめた。模倣被害率は21・9%(前年度比0・1ポイント減)と横ばい。インターネット上の被...

こんなときどうする会社の法律Q&A 【今月のテーマ】 特許法改正で何が変わった?

第一法規株式会社

今回の法改正では、職務発明の帰属(発明が生まれた時、その特許を受ける権利は誰にあるか)の考え方が変わりました。これまでは図2のように、発明...

こんなときどうする会社の法律Q&A 【今月のテーマ】社外秘情報の流出対策

第一法規株式会社

情報流出というとハイテク犯罪をイメージする人が多いかもしれません。しかし、実際は退職者による情報流出が最も多いという調査結果があります。...

特許法改正案を閣議決定 2014年度模倣被害調査報告書概要(特許庁)

特許庁は11日、わが国の企業などの模倣被害の実態について、2013年度のアンケート調査結果を「2014年度模倣被害調査報告書」として取り...

100年経営に極意あり!長寿企業の秘密 和菓子に込められた高岡の商人魂

株式会社 大野屋

高岡は、慶長14(1609)年、加賀前田家の二代藩主・前田利長によって開かれた城下町だ。第二次世界大戦の空襲を免れたため、古いまち並みが今でも...

営業秘密漏洩、模倣品・海賊版の被害を防げ 中小の知財経営支援を 日商、競争力強化求める意見書提出

日本商工会議所は5月16日、わが国の競争力強化、中小企業の知的財産経営の推進、地域活性化の視点から政府の知的財産戦略本部が作成中の「知的財産...