ものづくり

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 農業と生鮮流通のデジタル化に、日本企業のチャンスあり

後藤康浩

この連載の昨年12月号で、中国の小売り業界で起きているイノベーションをご紹介した。それからまだ4カ月もたっていないが、中国ではさらに進化が起...

こうしてヒット商品は生まれた! 「HAKASE」ブランド

有限会社万年筆博士

鳥取市の目抜き通りにある万年筆の製造販売会社、万年筆博士。同社では、使い手に合わせて1本1本手づくりする万年筆を主力としているが、その品質...

まちの視点 100年フライパンへの情熱

料理道具店「飯田屋」

日本有数の料理道具街、東京の合羽橋で1912年に創業した料理道具店「飯田屋」には、超マニアックで専門的な道具が所狭しと並び、世界中の料理人と...

テーマ別企業事例 東日本大震災から7年 今、手を携えて販路拡大へ

東日本大震災から7年が経過した。道路網や建物などインフラの復旧は、確実に進んでいるように見える。しかし、水産・食品加工など“東北産を売る”多...

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 バイク王国アジアに電動化の波

後藤康浩

昨年は世界的に電気自動車(EV)が大きな話題になり、今年初めのコンシューマー向けエレクトロニクスショー「CES2018」も家電やIT機器よりも自動運...

まちの解体新書 ものづくりの伝統と歴史が息づくまち

福岡県直方市

直方市は、福岡県北部の内陸に位置する、人口約5万7000人の都市。政令指定都市である福岡市、北九州市とのアクセスが良く、福岡市のJR博多駅から電...

あの人を訪ねたい 五味太郎

絵本作家

世界的絵本作家、五味太郎さん。40年のキャリアを持ち、作品数は400作を超える。代表作の『きんぎょがにげた』(昭和52年初出、57年上製本化/福音...

伝えていきたい日本の技 組子

タニハタ

今月は、幾何学模様が美しい伝統工芸『組子』をご紹介します。小さく切り出した木片を釘(くぎ)を使わず組み付けていく組子細工は、飛鳥時代に建て...

まちの視点 ものをつくる商人

ジーンズカジュアルショップ「KIDANA」

ICT技術の進展は、商業の世界にも大きな変化を求めている。これまで以上に、より安く、より便利で、より迅速であることが求められ、そこでは大手企...

テーマ別企業事例 〇〇産がブランドになる 「産地名」にこだわるものづくり

ガチャマンラボ株式会社/喜多ハウジング株式会社/株式会社イムラ/岐阜商工会議所

ブランド野菜やブランド肉など農業の分野では当たり前になった感のある地域ブランドだが、ものづくりの分野では地域や産地名を前面に出している企...

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 成長曲線からみる自動車市場

後藤康浩

昨年のインドの自動車販売台数が400万台を突破し、ドイツを抜いて世界第4位に浮上した。中国、米国、日本に次ぐポジションである。13億人という人...

平成30年度政府予算案 中小企業対策費に1771億円 「生産性革命」実現へ 事業承継、人材不足に対応

政府はこのほど、平成30年度予算案および29年度補正予算案を閣議決定した。30年度予算案一般会計の歳出総額は、過去最大となる97兆7128億円。この...

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 環境とインフラに商機

後藤康浩

この2~3年、インドが中国を追い抜いたものがいくつか出てきた。「いいもの」は経済成長率で、2016年はインドが7・1%と中国の6・7%を上回り、17...

情熱ぴーぷる 第16回女性起業家大賞・スタートアップ部門優秀賞

株式会社デキャンタージュ

私は長年IT企業でシステム開発に携わっていましたが、「遊び心のある面白いものをつくりたい。人に感動を与え、笑顔にするものづくりがしたい!」...

こうしてヒット商品は生まれた! うすけずり

タカハシ金型サービス

40年以上にわたり、金型職人として鏡面磨きの仕事をしてきた高橋健司さん。その中で培った技術をもとに、自らのアイデアを製品化した爪削り器「う...

あの人を訪ねたい 伊藤 潤二

ホラー漫画家

「トップ・ホラー漫画家が太宰治の『人間失格』を独自の解釈で捌く!」。そんなニュースが、この春、出版業界をにぎわせた。掲載先は、『ビッグコ...

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 小売りイノベーション 進む中国

後藤康浩

中国のビジネス現場の変化速度はますます加速している。なかでも小売り業の進化はすさまじい。EC(電子商取引)で、米アマゾンとともに世界のトッ...

まちの解体新書 伝統文化が色濃く残る地方創生のトップランナー

石川県小松市

小松市は石川県の南西部に位置する人口10万人ほどの都市である。交通ネットワークに恵まれており、JR小松駅から東京へは3時間30分ほど、大阪・名古...

自慢の逸品 横手 新名物が次々と誕生 地域の素材を活用

田舎めしせんべい/横手やきそば/五葉豆(ごようまめ)/ぼだっこまんま/あいすどり庵/日本酒ショコラ/麓渓(ロクトケイ)/麓渓(ロクトケイ)/なんこつスペアリブ/いぶりピクルス/はたはたパイ

横手商工会議所は、「横手の名物や新しい味を知ってほしい」と、地元素材を生かした多様な商品を出品した。「田舎めしせんべい」は、米油で揚げた...

観光振興大会 イノベーションに挑戦 「前橋アピール」採択

日本商工会議所は9~11日、前橋商工会議所、群馬県商工会議所連合会と共に群馬県前橋市などで、「全国商工会議所観光振興大会2017in前橋」を開催し...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする