パッケージ

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 中国Eコマースの今後

後藤康浩

8月下旬、縁あって中国のEコマース第2位の京東(ジンドン)(JD.com)の本社や物流センターを訪ねた。北京市南部の新しい経済開発区にある本社は2万...

セレクト地域短信 「おみせ相談所」開設 店の課題に専門家が助言

青森県 黒石商工会議所

黒石商工会議所(青森県)は、黒石市や市内NPO法人などの協力の下、市内の製造・販売事業者の商品開発・販売促進を支援する「黒石おみせプロジェクト...

自慢の逸品 前橋 専門店のほうじ茶紹介 健康志向の米粉クッキーも

HOUJICHA/まえばし玄米ほうじ茶/ひとめぼれ/シキシマプリン/米粉クッキー

前橋商工会議所は、4回目の出店となった今回、前橋市内のお茶専門店山都園(やまとえん)と、素材にこだわった菓子製造モン・コナモンから逸品を紹介...

リーダーの横顔 教学相半 兼古 耕一

新潟県 三条商工会議所

三条市は新潟県のほぼ中央部に位置し、越後・蒲原平野が広がる中、日本最長の信濃川と一級河川・五十嵐川が合流する古くからの川港です。江戸時代...

地方創生 基本方針を閣議決定 UIJターン抜本強化

政府はこのほど、「まち・ひと・しごと創生基本方針2018」を閣議決定した。同方針では、「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の中間年である2017年...

テーマ別企業事例 戦力化への道 成功する外国人雇用の法則

株式会社栄鋳造所/株式会社井上商店/株式会社トクシンテクノ

人手不足、インバウンドへの対応、さらに海外への進出や事業展開などに備えて中小企業の外国人雇用が増えている。しかし、現実問題として社内環境...

自慢の逸品 行田 足袋にちなんだ土産紹介 ドラマとのコラボ商品も

たび煎餅/特選足袋クッキー/浮城の梨サイダー/はにわぽん菓子/金錯銘鉄剣/ポンせんべい/おさつチップス

行田商工会議所は、足袋(たび)にちなんだ商品を中心に出品した。行田市は古くから足袋の産地。昨年4月には日本遺産に認定され、10月から放送された...

i-BOX 今月の情報宅配便!! ピラミッドパッケージ

山形県 米沢商工会議所

米沢発の“3つでキューブになるピラミッドパッケージ”がこのほど、世界包装機構主催の「ワールドスターコンテスト2017」フード部門で、ワールドスタ...

こうしてヒット商品は生まれた! キークエスト

株式会社ツカダ

刃物のまちとして有名な岐阜県関市にある金属プレス加工会社ツカダ。長年、下請けの町工場として金型の設計や打ち抜きプレス加工などを扱ってきた...

テーマ別企業事例 〜導入実例〜 ものづくり企業ほどIoTは「役に立つ」

武州工業株式会社/飯山精器株式会社

製造業のIoT導入が叫ばれているが、資金や効果の面から不安も多く未だ導入に二の足を踏んでいる中小製造業は多い。そこで、一足早くIoTを導入し、...

セレクト地域短信 歴史感じる土産品開発 世界遺産登録にらみ

大阪府 堺商工会議所

堺商工会議所(大阪府)はこのほど、堺の文化や歴史を感じられる新たな土産品として、「もずふるサブレ」(つーる・ど・堺)、「旅するイリゼ いちじ...

観光土産品審査会 第58回 vol.5 日本商工会議所会頭賞(菓子)

阿蘇ジャージー牛乳ドーナツ棒 125グラム×2袋

熊本県熊本市にある菓子メーカーの「フジバンビ」がつくる「阿蘇ジャージー牛乳ドーナツ棒」は、阿蘇の自然豊かな大地で生まれた阿蘇JA小国郷ジャ...

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 農業と生鮮流通のデジタル化に、日本企業のチャンスあり

後藤康浩

この連載の昨年12月号で、中国の小売り業界で起きているイノベーションをご紹介した。それからまだ4カ月もたっていないが、中国ではさらに進化が起...

第4回ICCアジア・大洋州 CEO フォーラム 三村会頭キーノートスピーチ

アジア・大洋州地域のCEOや国際機関のリーダー、日本のビジネスリーダー、学術研究者が一同に会した国際会議「第4回ICCアジア・大洋州CEOフォーラ...

創業選手権 大賞に宝塚の飯田さん 会議所関係者3人が決勝に

中小企業庁はこのほど、全国の「認定創業スクール」と地域のビジネスプランコンテスト「連携コンテスト」から推薦された代表157件のプランの中から...

自慢の逸品 新居浜 工都の〝うまいもの〟紹介 愛媛の素材生かし開発

いよ柑漬/瀬戸の源氏巻/手しぼりだいだいぽんず/えび天/海老のテリーヌ/瀬戸内レモンケーキ/七福芋焼酎あんぶん/華姫桜

新居浜商工会議所は、地域ブランド「新居浜の逸品」認定商品を中心に7社の商品を出品した。四国・瀬戸内海のほぼ中央に位置する新居浜市は、元禄4(...

テーマ別企業事例 東日本大震災から7年 今、手を携えて販路拡大へ

東日本大震災から7年が経過した。道路網や建物などインフラの復旧は、確実に進んでいるように見える。しかし、水産・食品加工など“東北産を売る”多...

こうしてヒット商品は生まれた! オサメット

加賀産業株式会社

東日本大震災以降、さまざまな防災グッズが世に送り出されている。その中でも、航空宇宙機器部品の製造・販売を主事業とする加賀産業が、昨年1月に...

政府 生産性向上法案を決定 中小の設備投資促進へ

政府はこのほど、中小企業の生産性向上に向けた「生産性向上特別措置法案」および「産業競争力強化法等の一部を改正する法律案」を閣議決定した。...

自慢の逸品 小山 トチの実活用し大福に 新たな土産の定着目指す

きぬはなもち/とち乃実大福とちまるくん/キャンドルボーイ/おもさんも

小山商工会議所は、栃木県の県木であるトチノキの種子(トチの実)と県産のもち米「きぬはなもち」、県産のハトムギ、エゴマを活用した和菓子、「と...