日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 インバウンド実践塾開催 心に響くもてなし術学ぶ

第2回の受講風景

山鹿商工会議所(熊本県)では、宿泊業など観光産業に携わる経営者を対象に、山鹿市を世界に売り出すための「インバウンド実践塾」を9月末から開催中だ。全6回のセミナーに、20人が参加している。

軸となるのは、訪日客が最もよく見ているという世界最大の口コミ観光サイト、トリップアドバイザーの有効活用法。インバウンド事業に精通し、くまもんフィーバーにも一役買った企画会社代表の日置経尊氏を講師に迎え、「山鹿を世界に売り出す」方法を学ぶ。すでに終了した第1回、第2回ではトリップアドバイザーの仕組みや登録方法を、これから実施される第3回以降は、自社の売り出し開発塾、ウェブ掲載用写真撮影塾、訪日客のもてなし塾など、各回ごとにテーマを設定し、来年1月まで行われる。また、受講者特典として、専門家による個別訪問指導や効果的なサイト運用などについてアドバイスを受けることができる。

同所では、生産性アップを目指す実践型講座の受講による意識の向上と、地域観光の活性化を促進する。こうした動きで成功事例を積み上げながら、宿泊業と小売業を連動させて同市の魅力を世界へ伝えたい考えだ。

次の記事

岩手県 大船渡商工会議所

大船渡商工会議所(岩手県)などは6~8日の3日間、東京・有楽町駅前広場で、「いわて・三陸けせん希望ストリート2018 展示即売会in有楽町」を開催した。同展示即売会は、2011年…

前の記事

静岡県 静岡商工会議所

静岡商工会議所は1日から、同所静岡事務所内に「モバイルPOS(販売時点情報管理)レジ体験コーナー」を設置している。来年10月に適用される消費税率10%への引き上げおよび軽減税…

関連記事

香川県 高松商工会議所

高松商工会議所(香川県)は、経営者の高齢化、後継者不在などに伴う中小企業の廃業危機に対応するため、従来の「事業引継ぎ支援センター」と「ネットワーク事務局」を統合した…

長野県 飯田商工会議所

飯田商工会議所(長野県)は、飯田市、市議会と共に、2050年までに二酸化炭素(CO2)の排出実質ゼロを目指す「2050年いいだゼロカーボンシティ宣言」を3月19日に行った。宣言の…

岡山県 岡山商工会議所

岡山商工会議所は、創立140周年に当たり、「2030年に向けたまちづくり提言」を策定。松田久会頭らが3月29日に大森雅夫市長に手渡し、実現を求めた。提言は、岡山市を日本一住み…