観光庁 外国人ベジタリアン・ヴィーガン対応ガイドを作成

観光庁はこのほど、「飲食店等における外国人ベジタリアン・ヴィーガン対応ガイド」を作成した。

日本にはベジタリアン・ヴィーガン(※)の外国人旅行者が多数訪れている。年間145~190万人、その飲食費は450~600億円と推計される(2018年推計数値)。一方、同庁によるアンケートでは、「日本にはベジタリアン・ヴィーガンに対応した飲食店が少ない」「ネットでの情報発信や店舗内外での表示が少ない」といった意見が多く聞かれた。飲食店でベジタリアン・ヴィーガンへの対応方法がまだ十分でないことから、外国人旅行者の受け入れ環境整備の促進を目的にまとめたもの。

(※)宗教、動物愛護などさまざまな背景や目的から食事上の制限があり、肉・魚介類などの動物性食品や乳製品、卵などを食べない人。

詳細は、https://www.mlit.go.jp/kankocho/news08_000326.htmlを参照。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする