接触を8割減らす 10のポイント

人との接触を8割減らす、10のポイント

政府の専門家会議は4月22日、現状の状況分析結果をまとめた「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」を公表するとともに、「人との接触を8割減らす、10のポイント」を示した。

10のポイントでは、人との接触機会8割削減の目標に対し、より一層の協力を呼び掛けている。

具体的には、以下の10項目。

①実家などへの帰省を避け、ビデオ通話でオンライン帰省

②スーパーでの買い物は、1人または少人数で、すいている時間に

③ジョギングは少人数で行い、公園はすいた時間・場所を選ぶ

④急ぎでない買い物は通信販売で

⑤飲み会はオンラインで

⑥診療はオンラインなどによる遠隔診療で

⑦筋トレやヨガは自宅で動画を活用

⑧飲食は持ち帰りや宅配を利用

⑨仕事は在宅勤務で行い、通勤は医療・インフラ・物流など社会機能維持のための業種とする

⑩会話はマスクを付けて

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする