産業競争力会議 成長戦略の進捗点検 生産性革命へ対応加速

政府はこのほど産業競争力会議を開き、企業の生産性を飛躍的に高める「生産性革命」に向けた施策など来年6月の新たな成長戦略に盛り込む具体策の検討を開始した。

会議では、アベノミクス第二ステージの成長戦略の柱として「生産性革命」と「地域産業改革によるローカル・アベノミクスの推進」の2点を強調。IoTやビッグデータ、AIの活用などによる「第4次産業革命」に対応するための環境整備、人材育成・教育改革、雇用環境の改革のほか、地方創生に向け中堅・中核企業の収益性・生産性の向上や地域経済の構造改革・活性化に向けた施策を重点的に検討することなどを確認した。

また、これまでの成長戦略に掲げた改革の実現に向け、施策の進捗・実効性を検証。必要な施策項目の追加・拡充なども行う。