日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 宥座(ゆうざ)の器 グンゼ創業者波多野鶴吉の生涯 増補版

宥座(ゆうざ)の器 グンゼ創業者 波多野鶴吉の生涯 増補版

四方洋 著

本書は、平成28年8月に創業120年を迎えたグンゼの創業者である波多野鶴吉の生涯を記した1冊。平成9年に100周年記念として出版された初版は好評のうちに完売。今回の増補版では、地元紙のあやべ市民新聞に連載され好評だった鶴吉の妻である葉那のエピソードなどが追加されている。綾部商工会議所が事務局を務め推進している鶴吉・葉那夫婦を主人公とする「NHK朝の連続テレビ小説」の誘致活動にも一役買っている。

(四六判/318頁/税込み1296円/あやべ市民新聞社)

次の記事

有馬純

精神論抜きの地球温暖化対策 パリ協定とその後 有馬純著 京都議定書の詳細ルールの策定や、ポスト2013年枠組みの交渉に参加した著者が、パリ協定の概要と課題、今後の国内対…

前の記事

坂本光司・坂本光司研究室/池部亮・藤江秀樹

さらば価格競争 非価格経営に取り組む21社の実践 坂本光司・坂本光司研究室著 本書は、他社にない価格以外の付加価値を競争力の源泉とする「非価格経営」を実践する中小企業…

関連記事

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する安岡正篤の孫である著者が、…

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが詰まっている。数多くの現場を…

井上潤/森俊彦

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーとされる。生涯関係した企業の数…