日商 Assist Biz

更新

第131回会員総会 中小の事業継続支援を 「不確実性」への対処 新たな付加価値の創出

あいさつする三村会頭

日本商工会議所は9月17日、第131回通常会員総会をリアルとオンラインによるハイブリッド型で開催し、全国339商工会議所から会頭・副会頭ら約700人が出席した。総会の冒頭にあいさつした日商の三村明夫会頭は、新型コロナウイルスにより活動制約が残る中、中小・小規模事業者の事業継続へのきめ細かな支援の継続が必要と強調。今後新たな感染の波が発生しても経済活動レべルを極力落とさずに済むよう、感染拡大防止と社会経済活動を両立できる環境の整備を最優先課題として挙げた。

三村会頭は、7月豪雨や台風での被災者および新型コロナウイルス感染症により深刻なダメージを受けている皆さまにお見舞いを申しあげるとともに、コロナ禍で社会経済活動を支える「エッセンシャルワーカー」としての515商工会議所の役職員や経営指導員に敬意を表した。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン