日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 アナゴ尽くしの食イベント開催

ビュッフェスタイルでアナゴ料理を楽しむ参加者

ブランド化と地元消費の拡大目指す

大田商工会議所は市内の水産業者や飲食店などと連携し、地元産アナゴのブランド化に力を入れている。島根県のアナゴ漁獲量は2017年、18年と2年連続全国1位(水産庁「漁業・養殖業生産統計」)。そのうち大田産は5割近くを占めることから、地元産アナゴの知名度アップを図り、地元での消費拡大につなげることが狙いだ。その一環として昨年11月11日、ビュッフェスタイルでアナゴ料理を楽しむイベント「あなごワンデイナイト」を道の駅「ロード銀山」で初開催した。

当日は、市民ら約50人が参加。定番の白焼きや、すしをはじめ、マリネ、ピンチョス、サンドイッチなど市内の飲食店3店が手掛けた10種類のアナゴ料理を堪能した。

大田のアナゴは50㎝超の大きさとぷりぷりとした歯ごたえが特徴。しかし、多くは京阪神や首都圏へ出荷されているため、地元での消費量は少ない。そこで同所は、市内の流通を増やすため、飲食店へ働き掛けてアナゴ料理が味わえる飲食店マップも制作中だ。「〝大田といえばアナゴ料理〟と定着させ、観光振興につなげたい」と同所担当者。昨年12月には地元高校生と協力して「アナゴおにぎり」を開発した。今後は商品化も計画している。

次の記事

愛媛県 今治商工会議所

今治商工会議所(愛媛県)は2019年12月8~11日および20年1月19~22日の2回にわたり、地元小規模事業者の商品(食品)を東京都内の百貨店やスーパーへ売り込む商談営業を実施した。…

前の記事

千葉県 千葉商工会議所

千葉商工会議所は昨年11月30日から、ナイトイベント「YORU MACHI(ヨルマチ)」を千葉市中心市街地で開催している。同所創立80周年記念事業の一環で、同市が東京オリンピック・…

関連記事

東京都 青梅商工会議所

青梅商工会議所(東京都)は11月14日、市内の工場をオンラインで見学できる「おうめオンラインオープンファクトリー」を開催した。昨年11月に30社が参加して初開催した工場見学…

福井県 福井商工会議所

福井商工会議所は、コロナ禍で売り上げが落ち込む飲食店などを支援するための販売促進キャンペーン「秋のおでかけ弁当&スイーツフェア」を10月23日~11月8日に、初めて開催した…

愛媛県 伊予商工会議所

伊予商工会議所(愛媛県)は、小規模事業者の販売促進・新規顧客の開拓などを目的に、11月1日から「スマホでお得なWEBクーポン!」事業を実施している。利用者は、参加店20店舗…