セレクト地域短信 都内バイヤーへ売り込み 成約相次ぎ、上々の成果

バイヤーに商品の魅力をアピール

今治商工会議所(愛媛県)は2019年12月8~11日および20年1月19~22日の2回にわたり、地元小規模事業者の商品(食品)を東京都内の百貨店やスーパーへ売り込む商談営業を実施した。同事業は、小規模事業者の大都市圏への販路開拓支援を目的としたもの。19年9月に同所で開催した「大都市圏への販路開拓セミナー」参加企業で個別支援を希望する企業の中から5社の商品を選考し、販路開拓支援コンサルタントやデザイナーら専門家と味やデザイン、価格などを総合的にブラッシュアップ。同所と販路開拓支援会社、事業者の3者でバイヤー6社との商談に臨んだ。

商品は「真鯛の炊き込みごはんの素」や「レモンケーキ」などの菓子、「マコモタケのピクルス」など今治の素材を生かしたものだ。また、1月15日には東京のバイヤーを今治に招いて「食品バイヤー商談会㏌今治」も開催。今回支援対象の5社の商品に、過去に支援した4社の商品も加えて、訪れたバイヤー3社にPRした。

1月27日時点で、支援する5社とも商品の採用が複数決まったという。バイヤー8社から延べ34品の採用が決まった事業者もあるなど成果を上げており、同所はさらなる成約に期待を寄せている。

次の記事

セレクト地域短信 鯖江からSABAEへ 企業、市民の交流拠点開設

福井県 鯖江商工会議所

鯖江商工会議所(福井県)は1月22日、同所創立60周年を機に、産官学金連携による新たな地域活性化の目玉事業として、ものづくりマーケティング拠点「...

前の記事

セレクト地域短信 アナゴ尽くしの食イベント開催

島根県 大田商工会議所

大田商工会議所は市内の水産業者や飲食店などと連携し、地元産アナゴのブランド化に力を入れている。島根県のアナゴ漁獲量は2017年、18年と2年連続...

関連記事

セレクト地域短信 「創業の部屋」開設 シニア起業家育成へ

埼玉県 深谷商工会議所

深谷商工会議所(埼玉県)はこのほど、企業を定年退職した人材の起業家育成事業を支援する場「創業の部屋」を同所3階に開設した。「創業の部屋」を...

セレクト地域短信 接種証明グッズ配布 利用客へ安全性をPR

広島県 福山商工会議所

福山商工会議所(広島県)は1日、オリジナルの新型コロナワクチン接種関連ツールの無償提供に当たり、会員限定で希望する事業所の申し込み受け付け...

セレクト地域短信 食品衛生で連携協定 HACCP対応を支援

福岡県 中間商工会議所

中間商工会議所(福岡県)は10月25日、中間市、HACCP(ハサップ)ジャパン、楽天コミュニケーションズと「あんしん安全な『飲食の街』を目指す連携...