そろばんグランプリ 日本一目指し熱戦

全国から集まったそろばんの達人が真剣勝負

日本商工会議所と一般社団法人日本珠算連盟は7月23日、「そろばんグランプリジャパン2019」を兵庫県神戸市内で開催した。大会には、そろばん日本一を目指し、全国各地からそろばんの達人339人が参加。小学生以下のジュニア部門(160人)、中学・高校生のスクール部門(125人)、シニア部門(54人)の3部門に分かれ、日ごろの練習の成果を競い合った。

各競技の日本一は次の通り。 (順不同・敬称略)

【総合競技】 ▼ジュニア部門 畠山裕登(練馬区立中村小学校) ▼スクール部門 ●窪凛音(さいたま市立尾間木中学校) ▼シニア部門 鈴木ひとみ(立命館大学)

【種目別競技】 ▼よみあげ暗算 本間聖康(岩手県立不来方高等学校) ▼よみあげ算 篠塚晴斗(早稲田大学系属早稲田実業学校高等部) ▼フラッシュ暗算 阿久根誠司(個人情報保護委員会事務局)

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする