日商 Assist Biz

更新

ビジネスを救うお助けご飯 タイのとろろ昆布あえ

タイのとろろ昆布あえ

高血圧とどう向き合う?

健康診断で血圧の高さを指摘された……という人は少なくないのではないでしょうか。生活習慣病の一つである高血圧は、脳卒中や心筋梗塞の引き金になり得るものです。しかし、対策をとっている人は意外と多くないように感じます。実際、血圧が高い方の食事記録を見ていると、麺類や丼のような単品が目立ち、味の濃いものが好きな印象を受けることがほとんど。食の好みを変えられないのであれば、せめて良いものを足すようにしましょう。

朝はナトリウムを排せつするカリウムが豊富な果物を口にする、血管を丈夫にする良質なタンパク質を欠かさない、サラダに海藻をトッピングして食物繊維の補給を意識するなど、〝我慢〟する前にできることがあるはずです。パンは塩分を含むので、朝食をごはん食に切り替えられるのであれば、ぜひトライしてみましょう。

おみそ汁はだしをきかせて塩分を控えめに。といっても、塩分を控えすぎたせいで、おいしさが感じられないと食事としての満足感が減り、かえって外で食べる機会が増えたり、隠れ食いをしたり、なんてことに。一品、味がしっかりしたものがあっても、サイドメニューでフォローできるといいですね。

タイのとろろ昆布あえ

刺し身しょうゆやお塩の代わりに、カリウムを多く含み、うま味があって少量の塩分でもおいしい「とろろ昆布」と、一緒にいただきます。

材料

タイ(刺し身用)…1パック

※白身魚であればなんでもOK

とろろ昆布…適宜

つくり方

タイにとろろ昆布をまぶして出来上がり (とろろ昆布をまぶした後、冷蔵庫で半日ほど寝かせると、昆布締めのような味わいになります)

ワンポイントメモ

カリウムの効用

体内の余分なナトリウムを排せつする作用があるミネラル。幅広い食品に含まれていますが、熱を加えたり、水にさらすことでの損失があるため、果物や野菜を新鮮なうちに生で食べたり、汁物で煮汁ごと食べられるスタイルで摂取すると効率的にとれます。

※月刊石垣2015年4月号に掲載された記事です。

次の記事

笠井奈津子

自宅でも出張先でもパソコンと向き合い、移動中にはスマホで情報収集。目がチカチカしたり、充血したり……。ドライアイになると、集中力も落ちてしまいがちです。十分な睡眠がと…

前の記事

笠井奈津子

「食事を変えたらストレスに強くなった」「大事な場面で落ち着いて対処できるようになった」というような声をいただくことがあります。食生活を整えることで、ストレスに伴い消…

関連記事

笠井奈津子

骨粗しょう症の対策といえば、カルシウムの摂取が一般的にはよく知られているのではないでしょうか。にもかかわらず、日本人の多くがカルシウム不足であるという結果が出ていま…

笠井奈津子

免疫力を高める働きがあるβ-カロテンやビタミンCは、緑黄色野菜に多く含まれます。しかし、免疫細胞の材料となるたんぱく質は、主菜に多く含まれています。そのため、免疫力を…

笠井奈津子

同じ室温でも、それを「適温」と感じる人もいれば、「寒い」と感じる人もいます。冬以外の季節にも手足に冷えを感じるようであれば、血行を良くする食生活を意識することが大切…