日商 Assist Biz

更新

ビジネスを救うお助けご飯 フライパンひとつでできるかんたん明太豆腐パスタ

フライパンひとつでできるかんたん明太豆腐パスタ

免疫力のアップを図る

免疫力を高める働きがあるβ-カロテンやビタミンCは、緑黄色野菜に多く含まれます。しかし、免疫細胞の材料となるたんぱく質は、主菜に多く含まれています。そのため、免疫力を上げるためには、特定の栄養素や食品だけではなく、さまざまなものをバランス良く摂ることが必要です。

水や熱、さらに、光や空気にも弱いビタミンCを効率よく摂るためには、新鮮なものを生のまま食べるのが良いように思われがちです。ただ、「冷え」も免疫力を下げる原因です。生野菜だけでなく、温野菜にして量をたくさん摂るのもおすすめです。また、免疫細胞を働きやすい状態にするためには、腸内細菌のバランスを整えることも欠かせません。野菜の摂取量を増やすことで、食物繊維の摂取量も増やし、腸内環境を整えましょう。

一方で、日頃から市販の惣菜などに頼りっぱなし、という人には、生の果物を一日一個、あるいは水菜のように味にあまり癖がなく、調理せずに食べられるものを添えるのがおすすめです。ちょっとした工夫でビタミンCの補給を心掛けましょう。

風邪を引きやすい、あるいはなかなか治らない、という人は、食品や食べ方に偏りがないか、食生活を見直してみましょう。

フライパンひとつでできるかんたん明太豆腐パスタ

温めるだけの市販のパスタや焼きそばなども、仕上げに水菜を合わせるとビタミン補給になります

材料(2人分)

パスタ…160g

(8分程度のゆで時間の太さのものがベスト)

明太子…2腹

木綿豆腐…2/3丁

水菜…2株

塩…小さじ1/4

オリーブオイル…小さじ2

胡椒…適量

つくり方

① フライパンに半分の長さに折ったパスタを入れ、水300㏄と塩を加える

② ①の上に豆腐を崩し入れるように乗せ、ふたをして中火にかける

③ 沸騰したら弱火にし、パスタの袋に表示してある時間の分だけ加熱する(まだ堅い場合には、湯を少々加えてふたをし、火にかける)

④ パスタに火が通ったら、③にオリーブオイル、身をほぐした明太子を入れて全体をよく混ぜる

⑤ 火を止めて、食べやすい長さに切った水菜も加えてよく混ぜる

⑥ 仕上げに胡椒を振って出来上がり

ワンポイントメモ

ビタミンC

免疫力を上げるだけでなく、若々しいお肌を保つためにも意識したい栄養素です。動物性食品にはほとんど含まれないため、不足に気を付けましょう

次の記事

ビジネスを救うお助けご飯 しみじみおいしい高野豆腐の含め煮

笠井奈津子

骨粗しょう症の対策といえば、カルシウムの摂取が一般的にはよく知られているのではないでしょうか。にもかかわらず、日本人の多くがカルシウム不...

前の記事

ビジネスを救うお助けご飯 余ったお餅でとろ~り鮭グラタン

笠井奈津子

同じ室温でも、それを「適温」と感じる人もいれば、「寒い」と感じる人もいます。冬以外の季節にも手足に冷えを感じるようであれば、血行を良くす...

関連記事

ビジネスを救うお助けご飯 二度味わえる鯛茶漬け

笠井奈津子

忘年会・新年会が続く時期ですね。食べ過ぎ、飲み過ぎで胃を痛めてしまったら、タンパク質、ビタミン、ミネラルをきちんと補給して、胃を回復させ...

ビジネスを救うお助けご飯 牛肉と長芋の中華風香り炒め

笠井奈津子

疲労感がいつまでたっても抜けない……。さらに、「頭痛、肩こり、腰痛」「動悸や息切れ」「手足の冷え」といった症状も現れたら、鉄分不足が疑われ...

ビジネスを救うお助けご飯 マグロのタルタル

笠井奈津子

食欲の秋の到来です。何を食べても飲んでもおいしく感じるこの季節。クリ、マツタケ、サンマ……この時期だけの魅力的な味覚がいっぱいで、食べ逃さ...