日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 熱海だいだい新製品発表 特産品が除菌ミストに

マスクの外側にシュッ (写真提供:伊豆毎日新聞社)

熱海商工会議所(静岡県)は5月8日、熱海市の特産品であるだいだいを活用して会員事業所が開発したマスク除菌用ミスト「ミスト・フォー・マスク」のお披露目会を同所で開催し、記者らにPRした。開発したのは熱海市内でアロマ製品の開発などを手掛けるPeace mind(ピースマインド)。新型コロナウイルス感染予防のため長時間マスクを着用する医療従事者のストレスを和らげようと、だいだいの精油を使い開発した。

同社はかねてよりだいだいの精油(オリジナルアロマ)も開発するなど地域資源の活用に積極的に取り組んでおり、だいだいのブランド化を目指して調査研究や商品開発を推進する同所は、相談や情報交換を重ねて同社を支援。同所と連携するだいだい農家や精油の原料となるだいだいの皮をむく事業者らの協力も得て、今回の新製品開発に至ったという。試作品完成に当たり、同所は広く広報すべきとお披露目会を設定した。

同製品はマスクの外側にミストを吹き掛け、乾かして使用する。同社が取引先の医療機関に無償提供したところ「香りに癒やされる」と好評で、購入を望む声も上がったという。松本弥生社長は会場で「香りでストレスを減らし現状を乗り切ってほしい」と述べた。

当日は美容室ちゅらさんが開発した「熱海だいだいシャンプー」も同時に披露。だいだいはそのままでは食べられないが、香りや果汁の風味が良いかんきつ。同所は「ようかんなどの商品開発も行っており、だいだい製品を熱海ブランドとして広めたい」と話している。

次の記事

茨城県 水戸商工会議所

水戸商工会議所(茨城県)は、水戸市の納豆の消費金額日本一を目標に掲げ、納豆の消費喚起の一環として「納豆食べ方コンテスト」を行っている。2019年度は開催2回目で、7月10日に…

前の記事

山口県 徳山商工会議所

徳山商工会議所(山口県)が事務局を務める周南市中心市街地活性化協議会は、周南市を訪れる出張者に向け市内の飲食店を紹介する「徳山駅旅グルメ豆本」を発行し、4月30日に書店…

関連記事

福島県 会津若松商工会議所

会津若松商工会議所は2020年11月27日から、金曜日に会津若松市内の女性農業者(=農業女子)の生産物を販売する「農業女子の野菜直売会」を開始した。12月までは毎週、21年1月…

福井県 敦賀商工会議所

敦賀商工会議所は、「敦賀真鯛(まだい)」の地域ブランド化を目指し、新メニューの開発に力を入れている。2020年7月には敦賀市在住の個人を対象にレシピを募集。9月に応募15作品…

富山県 黒部商工会議所

黒部商工会議所(富山県)と黒部市は、毎年盛況の商工業の祭典「くろべフェア」を今年はオンラインで開催している。コロナ禍の中でも地元企業をPRしようと同所ホームページ内に…