日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 納豆レシピ公開中 ステイホームのお供に

パスタ部門ゴールド賞の「な、なんっと、なっとう明太クリームパスタ~カルボナーラ風~」

水戸商工会議所(茨城県)は、水戸市の納豆の消費金額日本一を目標に掲げ、納豆の消費喚起の一環として「納豆食べ方コンテスト」を行っている。2019年度は開催2回目で、7月10日に「日本一の納豆チャーハン・納豆パスタ」をテーマに2部門で募集し、10月7日に受賞者の表彰式が行われた。入賞作品のレシピ動画を現在ホームページで公開中。同時に、冊子のレシピ集も同市内のスーパーマーケットなどで配布している。

納豆は、そのままご飯にのせてシンプルに食べるのが一般的との声も多いが、ひと手間かけることでさまざまな料理に応用ができる。同レシピを家庭料理の一品にしてほしいと同所はアピールしている。

また、同所では「水戸のわらつと納豆」緊急買い支えキャンペーンを6月12日まで展開中。一本一本手作業でわらに詰める昔ながらの伝統的な製法が魅力といえる。コロナ禍で売り上げが落ち込んでいるこの納豆を守るために、得価でブランドPRし、販売を促進していきたいとしている。納豆は免疫力向上をはじめ健康効果も期待される食材である。新型コロナウイルスの影響により家庭で過ごす人が多くなっている昨今、積極的に納豆を食材に取り入れて、ぜひ健康的なステイホームのお供にしていただければと呼び掛けている。

次の記事

セレクト地域短信 高峰譲吉の偉業伝える

富山県 高岡商工会議所

高岡商工会議所と高岡市は、同市出身の化学者高峰譲吉(1854~1922)が米国・ニューヨークに構えた別邸「松楓殿(しょうふうでん)」の一部「松楓の...

前の記事

セレクト地域短信 熱海だいだい新製品発表 特産品が除菌ミストに

静岡県 熱海商工会議所

熱海商工会議所(静岡県)は5月8日、熱海市の特産品であるだいだいを活用して会員事業所が開発したマスク除菌用ミスト「ミスト・フォー・マスク」の...

関連記事

セレクト地域短信 VR技術で店舗を紹介 コロナ後の集客増狙う

北海道 札幌商工会議所

札幌商工会議所(北海道)はこのほど、VR技術を活用し、市内飲食店や土産店、観光施設などを3D画像で紹介するサイト「Sapporo Virtual Street」を...

セレクト地域短信 芍薬の切り花プレゼント 新たな観光資源の一つに

三重県 鈴鹿商工会議所

鈴鹿商工会議所(三重県)などで構成するSUZUKA産学官交流会では、市内在住者に抽選で市の特産品である「芍薬の切り花」をプレゼントするキャンペ...

セレクト地域短信 特産品を詰め合わせ オリジナルのギフトに

静岡県 掛川商工会議所

掛川商工会議所(静岡県)はこのほど、地場産品を販売する「これっしか処」と共同で、掛川市の特産品を自由に詰め合わせできるギフトセット「KORED...