スポーツ庁 体験型観光推進へ 特集ページで需要喚起

スポーツ庁はこのほど、スポーツツーリズム特集ページ「ENJOY! SPORTS TOURISM」を開設した。スポーツ庁では、スポーツによる地域活性化の推進を図る取り組みの一つとして「スポーツツーリズム」を推進している。地域への交流人口拡大などを創出することが可能なスポーツツーリズムをレジャースタイルとして定着化させるとともに需要拡大を図る取り組みとして、今年度から「スポーツツーリズム・ムーブメント創出事業」を新たに展開。スポーツツーリズムの幅広い分野の中でも、世界に誇る日本の恵まれた自然環境を活用でき、多くの者が楽しくトライしやすい「アウトドアスポーツ」を中心に需要喚起を行っており、その一環として国内最大規模の着地型・体験型アクティビティー情報サイトである「asoview(アソビュー)」内に特集ページを開設した。

特集ページでは、2016年リオデジャネイロ五輪カヌー競技でアジア初の銅メダルを獲得した羽根田卓也選手が、水源の町群馬県みなかみ町でレジャーカヌーやツリークライミングに挑戦する模様を紹介するほか、さまざまなアウトドアアクティビティーをPRしている。

詳細は、http://www.mext.go.jp/sports/b_menu/sports/mcatetop09/list/detail/1399437.htmを参照。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする