日商 Assist Biz

更新

スポーツ庁 体験型観光推進へ 特集ページで需要喚起

スポーツ庁はこのほど、スポーツツーリズム特集ページ「ENJOY! SPORTS TOURISM」を開設した。スポーツ庁では、スポーツによる地域活性化の推進を図る取り組みの一つとして「スポーツツーリズム」を推進している。地域への交流人口拡大などを創出することが可能なスポーツツーリズムをレジャースタイルとして定着化させるとともに需要拡大を図る取り組みとして、今年度から「スポーツツーリズム・ムーブメント創出事業」を新たに展開。スポーツツーリズムの幅広い分野の中でも、世界に誇る日本の恵まれた自然環境を活用でき、多くの者が楽しくトライしやすい「アウトドアスポーツ」を中心に需要喚起を行っており、その一環として国内最大規模の着地型・体験型アクティビティー情報サイトである「asoview(アソビュー)」内に特集ページを開設した。

特集ページでは、2016年リオデジャネイロ五輪カヌー競技でアジア初の銅メダルを獲得した羽根田卓也選手が、水源の町群馬県みなかみ町でレジャーカヌーやツリークライミングに挑戦する模様を紹介するほか、さまざまなアウトドアアクティビティーをPRしている。

詳細は、http://www.mext.go.jp/sports/b_menu/sports/mcatetop09/list/detail/1399437.htmを参照。