政府 成長戦略を個別審議 三村会頭が分科会長就任

日本商工会議所の三村明夫会頭は2日、政府の「ローカルアベノミクスの深化」会合に出席した。政府は、「日本再興戦略2016」などに基づく構造改革その他の成長戦略の総ざらいを行い、成長戦略のさらなる深化・加速化を図るため、未来投資会議(議長=安倍晋三首相)の下に、個別の議題について分野的に集中的な調査審議を行う構造改革徹底推進会合を設置。同会合の分科会の一つである「ローカルアベノミクスの深化」会合は、「農業」と「中小企業・観光・スポーツ・文化等」に分かれており、三村会頭は「中小企業・観光・スポーツ・文化等」の会長に就任している。

会合では、民間企業から中小企業のIoT活用の取り組みやクラウド会計システムの活用などについてプレゼンテーションが行われた。また、各省庁から中小企業等経営強化法の関係資料が提出された。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする