日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 果汁入り発泡酒が好評 地元特産のリンゴ活用

新開発の瓶入りフルーツエール

須坂商工会議所(長野県)などで構成する信州須坂フルーツエール推進協議会が委託製造するリンゴのフルーツ発泡酒が好評だ。3月24日には、「信州須坂フルーツエール」を楽しむことができるイベント列車を運行。列車は長野電鉄長野駅と小布施駅の間を往復し、参加した約80人は、2000円の参加費でフルーツエールのほか長野県のクラフトビールも楽しんだ。

今回提供されたフルーツエールは「果汁とビール感のハーモニー」を目指した発泡酒。リンゴの果汁が約30%含まれており、果汁感・甘味を生かしながら、ビールの味わいもあるという。アルコール度数が3%と低いことも特徴だ。イベントの参加者からは「女性でも飲みやすい」と好評だった。

須坂市は昼夜の寒暖差が大きいなど農産物を育てるのに適した条件がそろっており、リンゴやブドウ、プルーンは県内トップクラスの生産量を誇る。こうした地元の果物を活用すべくリンゴのフルーツエールが生まれ、現在は市内外の14店舗で提供されている。瓶入りのフルーツエールも新たに開発され、4月6日から市内小売店で販売を開始。また、ブドウ、カシスなどを使用したフルーツエールの開発などにも取り組んでいる。

次の記事

福井県 福井商工会議所 勝山商工会議所

福井県では2月、記録的な大雪に見舞われた。福井市では昭和56年以来、37年ぶりに積雪が130センチメートルを超え、福井市の東に位置する勝山市では市街地で積雪が2メートルに達…

前の記事

滋賀県 彦根商工会議所

彦根商工会議所(滋賀県)と近江ツーリズムボード(代表理事同所小出英樹会頭)は、「一合枡」に盛り付けた近江食材を使った料理で飲食店が腕を競う「井伊枡(いいます)グランプリ…

関連記事

東京都 東京商工会議所

東京商工会議所は、同所が実施する六つの検定試験(東商検定)を2021年度からインターネット経由で行うIBT(Internet-Based Test)方式に変更する。東商検定は、ビジネスの現場…

滋賀県 長浜商工会議所

長浜商工会議所(滋賀県)は3月6日、来春卒業予定の大学生などを対象に、湖北地域(琵琶湖北部)の企業を知ってもらう合同企業説明会「ローカルジョブコレクションLOOK UP!超…

青森県 黒石商工会議所

黒石商工会議所(青森県)は、市民に雪だるまの制作を呼び掛ける「津軽くろいし みんなの雪だるま」事業の一環として雪だるまの写真コンテストを実施し、3月1日に結果を発表し…