セレクト地域短信 大雪の影響調査実施 交通網への打撃大きく

【福井】自社への影響の内容

福井県では2月、記録的な大雪に見舞われた。福井市では昭和56年以来、37年ぶりに積雪が130センチメートルを超え、福井市の東に位置する勝山市では市街地で積雪が2メートルに達した。福井県を縦断する国道8号線では大雪により車の立ち往生が発生し、巻き込まれた車の数は一時1500台を超えた。さらに大雪が原因となる死者も発生。そこで福井商工会議所と勝山商工会議所は、管内事業者の被害状況を把握し支援につなげるため、調査を実施した。

福井商工会議所は2月15~19日、「豪雪の影響に関する調査」を実施し、884社から回答を得た。大雪の自社への影響について、61・6%が「大きな影響があった」、36・2%が「少し影響があった」と回答し、業種を問わず広範囲に影響があった。

自社への影響の内容については、「出勤できない社員がいた」が87・6%と最も多かった。積雪による道路状況の悪化や交通の乱れが原因で社員が出社できず、正常な事業運営が難しくなったことが伺える。行政などへの要望については、「除雪・排雪体制の整備」が91・5%と最も多かった。

なお、同所では、同調査の結果を基に、中小企業の支援に向けた要望書を福井県に提出。その結果、利子補給付き融資などを含む緊急資金制度の創設が実現した。

勝山商工会議所は2月14~26日、「大雪の影響に関する緊急調査」を実施し、147社から回答を得た。大雪の自社への影響について、53・1%が「大きい」、36・1%が「少し」と回答し、約9割の事業者に影響が生じた。

自社への影響の内容について、「仕入れの遅れ」が59・2%と最も多く、次いで「売り上げが減少した」が57・1%だった。一方で、「出勤できない社員がいた」は37・4%だった。

勝山市では市内に物資を運ぶためのルートの除雪ができず、仕入れの遅れや燃料が届かないことが特に問題となった。燃料が届かず操業停止に追い込まれた工場もあった。

行政などへの要望については、「除排雪体制の整備」が63・9%と最も多かった。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

セレクト地域短信 歴史感じる土産品開発 世界遺産登録にらみ

大阪府 堺商工会議所

堺商工会議所(大阪府)はこのほど、堺の文化や歴史を感じられる新たな土産品として、「もずふるサブレ」(つーる・ど・堺)、「旅するイリゼ いちじ...

前の記事

セレクト地域短信 果汁入り発泡酒が好評 地元特産のリンゴ活用

長野県 須坂商工会議所

須坂商工会議所(長野県)などで構成する信州須坂フルーツエール推進協議会が委託製造するリンゴのフルーツ発泡酒が好評だ。3月24日には、「信州須坂...

関連記事

セレクト地域短信 観光関連事業者向けに「みやづ観光ダイジェスト」を発行

京都府 宮津商工会議所

宮津商工会議所(京都府)はこのほど、市内の交通量、主要駐車場の利用数、天橋立などの観光案内所における案内件数、モノレール・ケーブルカー・...

セレクト地域短信 ウクライナ根付駒販売 売り上げの一部を寄付

山形県 天童商工会議所

天童商工会議所(山形県)は特産の将棋の駒を生かしてウクライナを支援するため、市内の将棋駒製作所と協力して開発した「ウクライナ根付駒」を販...

セレクト地域短信 「100プロジェクト」始動 まちづくり活動を応援

石川県 七尾商工会議所

七尾商工会議所(石川県)はこのほど、能登・七尾で展開している大小さまざまなまちづくりプロジェクトを集め、紹介するウェブサイト「nanao 100 p...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする