日商 Assist Biz

更新

中小企業のセキュリティー対策 Vol.5 長期休暇は危険が増大

ウイルス感染防止のため、しっかり対策を

出社時はソフトを更新

長期休暇の時期は、システム管理者が不在になることも多く、ウイルス感染や不正アクセスなどの被害が発生した場合の対処が遅れてしまい、自組織のシステム環境に大きな被害が及んだり、顧客に対してウイルス感染の被害が及んだりする可能性がある。このような事態を防ぐために、組織として対策を検討する必要があるだろう。

システム管理者は、長期休暇前に、不測の事態が発生した場合に備えて、委託先企業を含めた緊急連絡体制や対応手順などが明確になっているか確認していただきたい。その際は、組織体制や電話番号に変更がないか注意が必要である。また、長期休暇中に使用しないサーバーなどの機器は電源を切ることを推奨する。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

次の記事

独立行政法人情報処理推進機構・江島将和

サイバー攻撃は他人事ではない テレビや新聞などでサイバー攻撃による情報漏えい事件などが報道されているが、これは大企業に限った話ではない。先頃、独立行政法人情報処理推…

前の記事

独立行政法人情報処理推進機構・江島将和

昨今、IoT(Internet of Things)が多くの注目を集めている。IoTとは、「モノのインターネット」と訳されるが、さまざまなシステムや機器がインターネットにつながることで、こ…

関連記事

独立行政法人情報処理推進機構・江島将和

「Emotet」(エモテット)の攻撃メールが継続して確認されているとともに、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)への相談が急増している。「Emotet」に関する注意喚起は、本連…

独立行政法人情報処理推進機構・江島将和

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は8月20日、事業継続を脅かす新たなランサムウェア攻撃について注意喚起を行った。ランサムウェアとは、パソコンやサーバー上のデータを暗号…

独立行政法人情報処理推進機構・江島将和

在宅勤務で急速に拡大新型コロナウイルス感染症の影響により在宅勤務が広く行われ、Web会議サービスの利用が急速に拡大している。Web会議サービスの活用は大変有益である一方、…