中小企業のセキュリティー対策 Vol.6 経営者主導で効果実感

SECURITY ACTIONのロゴマーク

サイバー攻撃は他人事ではない

テレビや新聞などでサイバー攻撃による情報漏えい事件などが報道されているが、これは大企業に限った話ではない。先頃、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が発表した「中小企業の情報セキュリティ対策の実態調査‐事例集‐」(以下、事例集)では、全国の中小企業の被害事例や取り組みが紹介されており、サイバー攻撃はもはや他人事ではないことが理解できる。いくつか掲載事例を紹介させていただきたい。

事例1

「従業員がメールに添付されていたファイルを不用意に開いたためウイルス感染し、基幹システムの設定が書き換わる障害が発生した。システムベンダーの協力を得て障害対応を行なったが、復旧するまでの1週間ほど基幹システムの一部が使用できなくなった(静岡県・製造業)」

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

次の記事

中小企業のセキュリティー対策 Vol.7 サイト改ざんで加害者に 無料会員限定

独立行政法人情報処理推進機構・江島将和

CMSを悪用した被害が急増 ウェブサイトは今や企業にとって事業案内や求人、製品・サービスの訴求など多岐にわたる役割を果たし、事業運営に不可欠...

前の記事

中小企業のセキュリティー対策 Vol.5 長期休暇は危険が増大 無料会員限定

独立行政法人情報処理推進機構・江島将和

長期休暇の時期は、システム管理者が不在になることも多く、ウイルス感染や不正アクセスなどの被害が発生した場合の対処が遅れてしまい、自組織の...

関連記事

中小企業のセキュリティー対策 vol.55 URLリンクへの誘導に注意 無料会員限定

独立行政法人情報処理推進機構・江島将和

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が開設する「情報セキュリティ安心相談窓口」には日々さまざまな相談が寄せられている。中でも「偽サイトや不...

中小企業のセキュリティー対策 vol.54 ウイルス対策の徹底を 無料会員限定

独立行政法人情報処理推進機構・江島将和

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)では、経済産業省の告示に基づき、被害の状況把握や対策検討を目的とし、コンピュータウイルス・不正アクセス...

中小企業のセキュリティー対策 vol.53 指導事例の活用を 無料会員限定

独立行政法人情報処 理推進機構・江島将和

経済産業省と独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は2019年度から20年度にかけて、全国の中小企業を対象に、地域で活躍している情報処理安全確保支援...