ASEAN事務総長との対話を開催(FJCCIA)

ASEAN日本人商工会議所連合会(FJCCIA)は6月24日、フィリピン・マニラでレー・ルオン・ミンASEAN事務総長との対話を開催した。基調講演を行ったミン事務総長は、「日本企業にとって、2015年末のASEAN経済共同体(AEC)発足は、日本企業のサプライチェーンの形成とともに、特に地域の中小企業をネットワークに入れるのに役立つ」と述べ、ASEANにおける日本産業界の重要性を強調。その上で、FJCCIAからの要望について、ASEAN事務局として積極的に支援していく考えを表明した。FJCCIAがミン事務総長に提出した要望書では、特に、①税関手続きの円滑化・簡素化、②ASEAN自由貿易地域の原産地証明書の取得に係る手続きの簡素化、③基準・認証・表示制度の合理化および調和、④知的財産権保護の徹底、などを強く求めている。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする