日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 受注量減も採算は好転 下請け企業動向調査

受注量の動向

東大阪商工会議所はこのほど、東大阪市域の下請け企業の受注や採算動向をまとめた「下請企業動向調査」の結果を発表した。同調査は下請け企業振興を目的に毎年実施しているもので、1月15日~2月12日、製造業で従業員4人以上の同所会員企業1893社を対象に往復はがきによるアンケートを行い、305社から回答を得た。

同調査によると、2018年12月末の「受注量」が前年と比べ「増加した」と答えた企業の割合は27・5%(前年35・3%)、「減少した」も27・5%(前年22・2%)だった。業種別に見ると、受注が増加したのは「鉄鋼・非鉄金属」など、減少したのは「紙器・印刷」「金属製品」などだった。

「受注単価」は前年と比べ「値上がり」した企業が16・1%(前年11・1%)、「値下がり」した企業は8・5%(前年9・2%)。受注量は減少したが受注単価は上昇傾向にある。前年と比べ「製品単位当たりの採算状況」は「好転した」が11・5%(前年7・5%)と3年ぶりに10%を超えた。一方「悪化した」も30・5%(前年27・8%)とやや増加した。19年1月の設備機械の稼働率は74・9%(前年76・2%)で前年を下回ったが、9年連続で70%を超えている。

また親企業から不当な取引要請が「あった」と答えた企業は26社。内容は「単価の値下げ」が最多、次いで「支払い遅延」「コスト増による単価引き上げの拒否」などが挙がった。

次の記事

福井県 福井商工会議所

福井商工会議所は4月15日、外国人の雇用を目指す企業向けに「外国人労働者雇用支援相談窓口」を同所中小企業総合支援センター内に開設した。中小企業の人手不足が業種・規模を…

前の記事

北海道 帯広商工会議所

帯広商工会議所(北海道)は同所に事務局を置くばんえい競馬振興連絡協議会(会長:同所川田章博副会頭)などと共同で3月10日、東京駅前の商業施設KITTEの1階アトリウムにて、「『…

関連記事

鹿児島県 鹿児島商工会議所青年部

鹿児島商工会議所青年部(鹿児島YEG)は、鶴丸城御楼門周辺のPR事業として「城山周辺散策マップ」を同YEGホームページで公開している。マップには、360度カメラで撮影した全天…

岐阜県 関商工会議所

関商工会議所(岐阜県)は2020年12月、関市の会員企業の製品や技術力、サービスなどを紹介する動画を集めた特設サイト「関商工会議所ビジネスWEBステーション」をホームページ…

長野県 伊那商工会議所青年部

伊那商工会議所青年部(長野県、伊那YEG)は2020年11月29日、伊那市内の小学5・6年生を対象に、地元企業をオンラインで見学するイベント「社会見学をZOOM de イン!」を開催し…