日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 Small Factory 4・0 第四次「町工場」革命を目指せ!/インバウンドでチャンスをつかめ 日本政策金融公庫総合研究所編

Small Factory 4・0 第四次「町工場」革命を目指せ!

木村哲也 著

筆者が代表を務める会社が開発した「製造ライン遠隔モニタリングシステム」は、少ない初期投資で済み、古い設備でも導入でき、導入方法も簡単と注目を集めている。本書は、開発のきっかけからシステム成熟過程の詳細、そして本システムが企業全体に与える好影響など、同社が進める「Small Factory 4・0」(生産ラインのIoT化による生産性の向上)に関する全てを網羅した一冊だ。

(A5判/128頁/1500円(税抜き)/三恵社)

インバウンドでチャンスをつかめ

日本政策金融公庫総合研究所 編

本書は、観光産業(小売業、飲食店、宿泊業、運輸業)の中小企業2300社に行ったアンケート結果を基に、インターネットの活用やキャッシュレス決済への対応など、マーケティングや顧客サービスの観点から、多くの外国人旅行者が訪れる企業の特徴を探っている。観光産業のボトルネックや外国人住民政策との統合など、日本が観光立国を実現していく上での課題も取り上げている。

(A5判/256頁/1800円(税抜き)/経団連出版)

次の記事

今井彰/岡崎淳一

戦後、廃墟と化した東京を中心に、全国で多くの戦争孤児が生まれた。その孤児たちに救いの手を指し伸べたのが、本作の主人公である門馬幸太郎。20代の若き門馬は教師の職を投げ…

前の記事

日本経済団体連合会/野村資産承継研究所

本書は、人事・労務部門の初任担当者に向けて、わが国の労働市場の動向や、働き方改革関連法(時間外労働の上限規制や同一労働同一賃金など)をはじめとする重要な労働法制、そし…

関連記事

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する安岡正篤の孫である著者が、…

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが詰まっている。数多くの現場を…

井上潤/森俊彦

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーとされる。生涯関係した企業の数…