日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 スーパーマーケット 近未来戦略

スーパーマーケット近未来戦略

水元仁志 著

1959年に始まった日本のスーパーマーケットは、その後、一大産業へと発展を遂げ、日本の食品販売業界をけん引してきた。しかし、数年前にコンビニエンスストアに業界トップの座を明け渡し、その差も広がっている。また、アマゾンを中心としたEコマース業界も猛烈な勢いで台頭している。

本書は、「価格(安さ)」「アクセス」「サービス」「商品」「経験値」の五つのうち、何で差別化するのかを明確にする〝ファイブ・ウェイ・ポジショニング戦略〟の実践例を挙げて、スーパーマーケットの未来や取り組むべき課題を紹介する。

(四六判/376ページ/1700円(税抜き)/商業界)

次の記事

おすすめ書籍 世界貿易投資報告 2019年版

日本貿易振興機構

本書は、世界全体と主要国・地域の経済・貿易・直接投資動向を豊富なデータを用いて解説。「第1部総論編」は、第Ⅰ章で「世界と日本の貿易」、第Ⅱ章...

前の記事

おすすめ書籍 就業規則モデル条文 第4版 ―上手なつくり方、運用の仕方

中山慈夫

本書は、企業実務の立場から、就業規則の作成手続きと効力に関するルールを説明し、必要不可欠と思われるモデル条文を掲げて、その意味と現在の労...

関連記事

おすすめ書籍 渋沢栄一と安岡正篤で読み解く論語/ジェトロ貿易ハンドブック2021

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する...

おすすめ書籍 新型コロナとまちづくり

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが...

おすすめ書籍 渋沢栄一伝―道理に欠けず、正義に外れず―/地域金融の未来―金融機関・経営者・認定支援機関による価値共創―

井上潤/森俊彦

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーと...