日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 スーパーマーケット 近未来戦略

スーパーマーケット 近未来戦略 水元仁志著

1959年に始まった日本のスーパーマーケットは、その後、一大産業へと発展を遂げ、日本の食品販売業界をけん引してきた。しかし、数年前にコンビニエンスストアに業界トップの座を明け渡し、その差も広がっている。また、アマゾンを中心としたEコマース業界も猛烈な勢いで台頭している。

本書は、「価格(安さ)」「アクセス」「サービス」「商品」「経験値」の五つのうち、何で差別化するのかを明確にする〝ファイブ・ウェイ・ポジショニング戦略〟の実践例を挙げて、スーパーマーケットの未来や取り組むべき課題を紹介する。(四六判/376ページ/1700円(税抜き)/商業界)

次の記事

日本貿易振興機構

本書は、世界全体と主要国・地域の経済・貿易・直接投資動向を豊富なデータを用いて解説。「第1部総論編」は、第Ⅰ章で「世界と日本の貿易」、第Ⅱ章で「世界と日本の直接投資」…

前の記事

中山慈夫

本書は、企業実務の立場から、就業規則の作成手続きと効力に関するルールを説明し、必要不可欠と思われるモデル条文を掲げて、その意味と現在の労働法令上の根拠を示している。…

関連記事

橘大樹/吉田寿/野原蓉子

過去3年間にパワーハラスメント(パワハラ)を受けたと感じた経験のある人は、従業員のおよそ3人に1人ともいわれている。このような状況の中、労働施策総合推進法が改正され、パ…

大内伸哉

労働組合法を順守することは、よい経営のための要諦である。経営者には労働組合から申し込まれた団体交渉に応じる義務もある。本書では、労働委員会の公益委員として数々の事件…

大久保幸夫/日本貿易振興機構

今日、マネジメントを学ぶ機会は意外と少なく、見よう見まねで試行錯誤しながら、なんとかその職をこなしている管理職も多いのではないだろうか。本書では、改めてマネジメント…