日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 『論語』がわかれば日本がわかる/つらい仕事が天職に変わる!

『論語』がわかれば日本がわかる

守屋淳 著

理不尽な上下関係や努力信仰が幅をきかせ、抑圧的な組織の論理がまかり通る日本社会。日本人の多くに刷り込まれたこのような常識や行動様式はどこから来るのか。江戸時代以降、中国の古典『論語』は、日本人の無意識の価値観の基となってきた。本書では、『論語』や儒教のものの考え方を丁寧に読み解き、さまざまな国際比較研究の知見と照らし合わせることで、日本人を無自覚のうちに縛るものの正体を解き明かす。己を知り、より自由に生きるための、現代人必須の教養書となっている。

(新書判/288ページ/880円(税抜き)/筑摩書房)

つらい仕事が天職に変わる!

肥前利朗 著

「客席と営業時間を減らしても、ファン客5千人を得て業績は右肩上がりの飲食店」「A4片面の自己紹介文を渡しただけで、2度目の商談で1千万円を受注する営業マン」「トイレットペーパーの端を三角に折り続けたら、店の業績が全店中トップに飛躍したカーディーラー」など、驚くような奇跡を当たり前に続々と起こす日本最大級のビジネス勉強会「ワクワク系マーケティング実践会」。その開発・提唱者の小阪裕司が唯一認める愛弟子であり、自らも「つらい仕事が天職に変わった!」経験を持つ著者によるワクワク系マーケティングの公式入門書。

(四六判/216ページ/1500円(税抜き)/商業界)

次の記事

大久保幸夫/日本貿易振興機構

今日、マネジメントを学ぶ機会は意外と少なく、見よう見まねで試行錯誤しながら、なんとかその職をこなしている管理職も多いのではないだろうか。本書では、改めてマネジメント…

前の記事

岡本文宏/末啓一郎

著者は4万人以上の中小企業経営者やリーダーへの研修を行ってきたが、寄せられる悩みのほとんどは「人」に関することだという。多くは、部下やパート・アルバイトへの教育、指…

関連記事

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する安岡正篤の孫である著者が、…

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが詰まっている。数多くの現場を…

井上潤/森俊彦

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーとされる。生涯関係した企業の数…