日商 Assist Biz

更新

「下町育ちの再建王」の経営指南 お客様を惹きつけ続けるヒント

先日、あるタレントが経営するラーメン店の将来性をラーメンの評論家が診断するという企画のテレビ番組を見ました。その店のラーメンは大きな特徴はありませんが、かなりおいしくプロの点数も高いもので、店の関係者は、一度食べてもらえばファンがつくはずだ、という自信を持っていました。しかし、ラーメンの評論家の90%が、その店を1年以内に潰れる、と診断したのです。

ラーメン屋がある東京の神田というまちは、42軒ものラーメン店がひしめくラーメン激戦地です。近隣には濃厚な鶏白湯、濃厚魚介スープ、ご当地ラーメンなどなど、個性の強いラーメン店がたくさんあります。このような激戦地でラーメンを選ぶ場合、自分の住むまちにもありがちなラーメンで、多少おいしい一杯よりも、特徴があるものを選ぶものです。競争が厳しければ厳しいほど求められるのが、独自固有の長所であって、ちょっとおいしいくらいでは差別化できないわけです。

事例は変わりますが、このことは一線で活躍し続ける物まねタレントのコロッケさんの仕事を見ても分かります。物まねタレントには四天王と呼ばれる4人がいるのですが、みんなメチャメチャ似ていて上手です。ところがコロッケさんはリアルに似ていることよりもデフォルメした面白さをクリエーティブに表現しています。以前、彼の物まねを年代順に紹介した番組がありましたが、2年に一回くらい全く新しいスタイルをつくりあげているのです。

形状物まねだと思っていたらボイストレーニングにより松山千春から美川憲一までキッチリと歌が歌えるようになり、北島三郎と野口五郎を組み合わせた「北島五郎」など特徴のある歌手2人の合体物まねを開発し、ある時期にはロボコップみたいな機械的動きをするとか、映画のSFXの手法のように顔面だけがある人物から別の人物へと自然に変えていく「顔まね33面相」などなど、進化し続けるのです。彼の芸の深さは業界でも定評があるそうですが、常に変化していないと生き馬の目を抜く芸能界では、独自固有の長所を一つや二つ持っているだけでは生きていけないということを知っているのです。

商売には安定した内容が必要ですが、それと同時にお客さまを惹きつける個性が必要です。魅力的な自社であり続けるには、変化に挑む経営者の姿勢が必要不可欠だと思います。

小山 政彦(こやま・まさひこ) 株式会社 風土 代表取締役会長 (前 船井総合研究所 代表取締役会長) 1947年、東京生まれ。開成高校卒。早稲田大学理工学部数学科卒業後、実家のディスカウントストア経営に携わる。84年、船井総合研究所に入社。6年後には売り上げ3億円のNo.1コンサルタントになる。2000年の社長就任後は大証2部から東証1部上場、離職率20%台を6%までに改善、賞与支給No.1企業など経営者としても手腕を振るう。10年には代表取締役会長に就任。13年3月をもって退任し、現在は㈱風土代表取締役会長を務める。著書に『ベタ惚れさせるマネージメント』(講談社)、『9割の会社は人材育成で決まる!』(中経出版)など多数

お問い合せ先

社名:株式会社 風土

TEL:03-5423-2323

担当:髙橋

次の記事

小山政彦

3月号では独自固有の長所を磨き、お客さまを惹きつける個性の重要性について紹介しました。今回は、それが見つからない場合の生き抜き方です。25年間私が指導している靴の流通…

前の記事

小山政彦

先月は今年の景気動向をテーマに、「時流」について私の見方を紹介しましたが、今月はその奥底にある真相について考えてみたいと思います。私は日本の大新聞や報道番組などマス…

関連記事

小山政彦

科学の進歩にともない時代が変わると、価値観も大きく変化します。180度変わることを意味する「コペルニクス的転回」という言葉も、天動説の時代から地動説に変わったことに由…

小山政彦

“コロナの時代”、という新たな局面に、私たちは突然投げ込まれました。多くの人が想定したことのない、このような状況の中でも、経営者は先を見据え、組織の安定を考え続けなけ…

小山政彦

以前、26歳の若手社員から「小山さんはワークライフバランスをどう考えていますか」と質問されたことがありました。私は「君はワークライフバランスを一年のスパンで考えている…