日商 Assist Biz

更新

「下町育ちの再建王」の経営指南 進化しないことは、退化と同じ

大学駅伝で青山学院大学を優勝に導き、一躍、時の人となった原晋監督。スパルタで過度なトレーニングをさせることは、今の時代の選手たちの底力を引き出すにはそぐわないと考えて、トレーニングは自主性を尊重。のびのびと成長させるその指導法は、昨年から話題になっています。また、各年の大会を「ワクワク大作戦(2015年大会)」「ハッピー大作戦(2016年大会)」と名付けるなど、「言葉の力」を用いて選手の心に火をつけるのが原監督流です。

ライバルの他大学が毎年新しいトレーニング法を導入して、選手の体力や精神力を高めようとしている中、同じトレーニングだけを続けることは、他校と比べると退化していると言わざるを得ない。『進化しないことは、退化と同じ』と、監督は述べています。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

次の記事

「下町育ちの再建王」の経営指南 仕事を成功させる5つの要素 無料会員限定

小山政彦

創造性、企画力、自己完結力、やる気、そしてリフレッシュ力。この5つを私は仕事を成功させる要素だと考えています。創造性とは、これをこんなふう...

前の記事

「下町育ちの再建王」の経営指南 お寺もリノベーション 無料会員限定

小山政彦

人口減少と過疎化により檀家が減少し、全国のお寺が窮しています。お年寄りが多いと亡くなる方も多いわけですから、有望な業種かと思われがちです...

関連記事

「下町育ちの再建王」の経営指南 組織のイメージを描く 無料会員限定

小山政彦

不透明な時代が続きます。トップは「今後どのような組織を目指すのか」を、深く考えることが必要です。今回はその参考として、今から23年前、私が...

「下町育ちの再建王」の経営指南 マスコミの情報だけを信じるな

小山政彦

東日本大震災が発生した時、70分くらいは、テレビはありのままを放映していました。しかしマスコミ倫理によりコントロールされて、それ以降は直接...

「下町育ちの再建王」の経営指南 コロナ禍中でも人生は変えられる

小山政彦

「仕事は楽しいものですか?」もしこう尋ねられたら、私は、「楽しいものではありません」と即答するでしょう。それほど私にとって仕事とは、悩ま...