日商 Assist Biz

更新

「下町育ちの再建王」の経営指南 進化しないことは、退化と同じ

大学駅伝で青山学院大学を優勝に導き、一躍、時の人となった原晋監督。スパルタで過度なトレーニングをさせることは、今の時代の選手たちの底力を引き出すにはそぐわないと考えて、トレーニングは自主性を尊重。のびのびと成長させるその指導法は、昨年から話題になっています。また、各年の大会を「ワクワク大作戦(2015年大会)」「ハッピー大作戦(2016年大会)」と名付けるなど、「言葉の力」を用いて選手の心に火をつけるのが原監督流です。

ライバルの他大学が毎年新しいトレーニング法を導入して、選手の体力や精神力を高めようとしている中、同じトレーニングだけを続けることは、他校と比べると退化していると言わざるを得ない。『進化しないことは、退化と同じ』と、監督は述べています。

これはビジネスにもそのまま通用する考え方で、私は今年の4月、アメリカ視察でそのことを強く感じたのでした。

この数年私は宝石店の方々と専門的な視察に行っていたので、専門分野以外の店舗巡りをしていませんでした。今回はお客さまの要望もあり、注目されているモールや人気店の視察などを行いました。印象的だったのは「ウォルマート」が進化していなかったことです。30年前から見ていますが、この10年はほとんど変わっていません。進化していないのです。これを最終形と考えているのかもしれませんが、マーケティングに最終形はありません。

安いという切り口だけで、人は集まらない時代。マクドナルドやフレッシュネスバーガーなどのバーガーチェーンが高いハンバーガーを発売するのは、高級路線を狙いたいからだけではありません。変化をつけているのです。安いものを求めているお客さまにも、基本の商品だけを求めるお客さまにも、変化し進化し続けている姿勢を見ていただかないと、他社と比較したとき、退化したような古ぼけた存在になってしまうのです。

おそらくアメリカでは、あと3年か5年で時代に合った新業態が生まれてくるのでしょう。すでにどこかにその新芽があるのかもしれません。

日本でも同じことが言えます。東京オリンピックまでは景気が良く、それが終わると不景気が来ると言われています。あと4年か5年で景気が悪くなることはわかっているのです。新業態というのは、不景気に生まれるものなので、2020年から2022年くらいにあらゆる業種に新業態が生まれる可能性があります。どういう業態が求められるのか、景気の良いときにリサーチして考え、新業態を準備した会社が、次の時代のトップランナーとなるわけです。

小山 政彦(こやま・まさひこ) 株式会社 風土 代表取締役会長 (前 船井総合研究所 代表取締役会長) 1947年、東京生まれ。開成高校卒。早稲田大学理工学部数学科卒業後、実家のディスカウントストア経営に携わる。84年、船井総合研究所に入社。6年後には売り上げ3億円のNo.1コンサルタントになる。2000年の社長就任後は大証2部から東証1部上場、離職率20%台を6%までに改善、賞与支給No.1企業など経営者としても手腕を振るう。10年には代表取締役会長に就任。13年3月をもって退任し、現在は㈱風土代表取締役会長を務める。著書に『ベタ惚れさせるマネージメント』(講談社)、『9割の会社は人材育成で決まる!』(中経出版)など多数

お問い合せ先

社名:株式会社 風土

TEL:03-5423-2323

担当:髙橋

次の記事

小山政彦

創造性、企画力、自己完結力、やる気、そしてリフレッシュ力。この5つを私は仕事を成功させる要素だと考えています。創造性とは、これをこんなふうにしてみたら、と現状を否定…

前の記事

小山政彦

人口減少と過疎化により檀家が減少し、全国のお寺が窮しています。お年寄りが多いと亡くなる方も多いわけですから、有望な業種かと思われがちですが、最近は葬儀も簡素な家族葬…

関連記事

小山政彦

科学の進歩にともない時代が変わると、価値観も大きく変化します。180度変わることを意味する「コペルニクス的転回」という言葉も、天動説の時代から地動説に変わったことに由…

小山政彦

“コロナの時代”、という新たな局面に、私たちは突然投げ込まれました。多くの人が想定したことのない、このような状況の中でも、経営者は先を見据え、組織の安定を考え続けなけ…

小山政彦

以前、26歳の若手社員から「小山さんはワークライフバランスをどう考えていますか」と質問されたことがありました。私は「君はワークライフバランスを一年のスパンで考えている…