日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 改正入管法対応外国人材受入れガイドブック

改正入管法対応外国人材受入れガイドブック 杉田昌平著

2019年4月の改正入管法施行を受け、本書では、在留資格として新たに追加された「特定技能(1号・2号)」と従来の在留資格である「高度専門職」「技術・人文・国際業務」「技能実習」「特定活動」との制度の違いやポイント、注意点を分かりやすく解説している。弁護士で多くの講演・研修で講師を務める著者が、外国人材の受け入れで気を付けることや必要な手続きなど、知っておくべき外国人材受け入れのイロハを伝授する。(B5判/104ページ/1200円(税抜き)/ぎょうせい)

次の記事

日本経済団体連合会

本書は、人事・労務部門の初任担当者に向けて、日本の労働市場の動向、働き方改革関連法(時間外労働の上限規制や同一労働同一賃金など)や2019年6月5日に公布された改正女性活躍…

前の記事

関島康雄

変化にどう素早く適応していくのかという問題の解決に取られる方法の一つがチームによる解決だ。そこには、「仕事を通して成長する仕掛け」が必要であり、「勝っても負けても一…

関連記事

橘大樹/吉田寿/野原蓉子

過去3年間にパワーハラスメント(パワハラ)を受けたと感じた経験のある人は、従業員のおよそ3人に1人ともいわれている。このような状況の中、労働施策総合推進法が改正され、パ…

大内伸哉

労働組合法を順守することは、よい経営のための要諦である。経営者には労働組合から申し込まれた団体交渉に応じる義務もある。本書では、労働委員会の公益委員として数々の事件…

大久保幸夫/日本貿易振興機構

今日、マネジメントを学ぶ機会は意外と少なく、見よう見まねで試行錯誤しながら、なんとかその職をこなしている管理職も多いのではないだろうか。本書では、改めてマネジメント…