日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 絵文字うちわを作成 訪日客と指さしで会話

左から同所街づくり・観光委員会の井原實委員長、佐伯鋼兵会頭、齋藤教授(4人目)と学生ら

さいたま商工会議所はこのほど、インバウンド対応事業の一環として埼玉大学と連携し、外国人とのコミュニケーションを補助する「うちわ」を作成した。このうちわは平成27年11月、「さいたま市のおもてなしスタイル」をテーマに同市などが開催した「第5回学生政策提案フォーラム in さいたま」で最優秀賞を受賞した同大経済学部、齋藤友之教授のゼミによる提案、「うちわによるオリンピックの暑さ対策」を同所が取り上げ、同大とコラボレーションして作成したものだ。

表面は外国人がお土産として持ち帰れるよう日本的なイラストをあしらい、裏面は「お手洗い」「案内所」「レストラン」などを表すピクトグラム(絵文字)を配し、指さしでコミュニケーションを図れるようにした。また、裏面には地元の店舗情報を多言語で表示できるウェブサイトへ誘導するQRコードも印刷。これにより地域振興へつなげるのが目的だ。

うちわは、27~30日にさいたまスーパーアリーナなどで開催される「第8回世界盆栽大会 ㏌さいたま」で配布する予定。同所は、さらに32年に開催される「2020年東京オリンピック・パラリンピック」での配布を目指している。

次の記事

滋賀県 彦根商工会議所

彦根商工会議所(滋賀県)は3月24日、同所で第1回彦根オープンガバメント会議「彦根オープン会議 地域の課題を考える」を開催した。これは、市民参加の下に地域政策を考え地域活…

前の記事

栃木県 大田原商工会議所

大田原商工会議所(栃木県)などでつくる大田原商店連盟は、市内の商店主らのこだわり品・お勧め品を「逸品」としてPRしていく「一店逸品運動」を実施、1日より第6弾として新たな…

関連記事

岩手県 久慈商工会議所

久慈商工会議所(岩手県)は、新型コロナウイルスの影響を受けている飲食・交通業などの消費喚起を促し地域経済の活性化につなげるため、久慈市の事業委託を受け、市内で使える商…

福岡県 田川商工会議所青年部

田川商工会議所青年部(福岡県、田川YEG)は、会員事業者が店頭などに掲示して新型コロナウイルス拡大防止対策をアピールできるA4判ポスター「安心安全対策おしながき」を5千部制…

岡山県 総社商工会議所

総社商工会議所(岡山県)は、総社市の魅力や企業情報・採用情報、イベント情報などを発信する「そうじゃのミライ」プロジェクトの一環として、YouTubeに専用チャンネルを開設し…