日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 絵文字うちわを作成 訪日客と指さしで会話

左から同所街づくり・観光委員会の井原實委員長、佐伯鋼兵会頭、齋藤教授(4人目)と学生ら

さいたま商工会議所はこのほど、インバウンド対応事業の一環として埼玉大学と連携し、外国人とのコミュニケーションを補助する「うちわ」を作成した。このうちわは平成27年11月、「さいたま市のおもてなしスタイル」をテーマに同市などが開催した「第5回学生政策提案フォーラム in さいたま」で最優秀賞を受賞した同大経済学部、齋藤友之教授のゼミによる提案、「うちわによるオリンピックの暑さ対策」を同所が取り上げ、同大とコラボレーションして作成したものだ。

表面は外国人がお土産として持ち帰れるよう日本的なイラストをあしらい、裏面は「お手洗い」「案内所」「レストラン」などを表すピクトグラム(絵文字)を配し、指さしでコミュニケーションを図れるようにした。また、裏面には地元の店舗情報を多言語で表示できるウェブサイトへ誘導するQRコードも印刷。これにより地域振興へつなげるのが目的だ。

うちわは、27~30日にさいたまスーパーアリーナなどで開催される「第8回世界盆栽大会 ㏌さいたま」で配布する予定。同所は、さらに32年に開催される「2020年東京オリンピック・パラリンピック」での配布を目指している。

次の記事

滋賀県 彦根商工会議所

彦根商工会議所(滋賀県)は3月24日、同所で第1回彦根オープンガバメント会議「彦根オープン会議 地域の課題を考える」を開催した。これは、市民参加の下に地域政策を考え地域活…

前の記事

栃木県 大田原商工会議所

大田原商工会議所(栃木県)などでつくる大田原商店連盟は、市内の商店主らのこだわり品・お勧め品を「逸品」としてPRしていく「一店逸品運動」を実施、1日より第6弾として新たな…

関連記事

福井県 敦賀商工会議所

敦賀商工会議所は、「敦賀真鯛(まだい)」の地域ブランド化を目指し、新メニューの開発に力を入れている。2020年7月には敦賀市在住の個人を対象にレシピを募集。9月に応募15作品…

富山県 黒部商工会議所

黒部商工会議所(富山県)と黒部市は、毎年盛況の商工業の祭典「くろべフェア」を今年はオンラインで開催している。コロナ禍の中でも地元企業をPRしようと同所ホームページ内に…

北海道 恵庭商工会議所

恵庭商工会議所(北海道)は、恵庭市の姉妹都市ニュージーランド・ティマル市の特産品であるブラックカラント(カシス)を原料にした飲料「ブラックカラントソーダ」を開発した…