観光庁 日本版DMOを支援 登録申請の受付開始

観光庁はこのほど、「観光地経営」の視点に立った観光地域づくりのかじ取り役を担う日本版DMOの登録申請受付を開始した。専用サイトを開設し、申請を呼び掛けている。

対象は、「日本版DMOを中心として観光地域づくりを行うことについての多様な関係者の合意形成」「各種データの継続的な収集・分析、データに基づく明確なコンセプトに基づいた戦略の策定、KPIの設定・PDCAサイクルの確立」「関係者が実施する観光関連事業と戦略の整合性に関する調整・仕組み作り、プロモーション」などを地方公共団体と連携して観光地域づくりを担う法人。登録が認められると、新型交付金による支援対象となることに加え、観光庁をはじめとする関係省庁で構成する「連携支援チーム」を通じた重点的支援を受けられる候補地となる。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする