日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 学生が長期就業体験 企業と課題に取り組む

学生と企業が集まり顔合わせを行った

札幌商工会議所(北海道)は5月12日、大学生が180日間にわたり地元企業と連携して新事業に取り組む長期インターンシップ事業、「PROJECT180(ワン・エイティー)」を開始した。同事業は、学生に地元企業を知ってもらい将来的な人材確保につなげる目的で実施するもので、昨年に続き2回目。今回は、北海学園大学と札幌大学の1~3年生25人が参加する。受け入れ企業は同所を含め旅客運送、介護・福祉、IT、水産卸売業の5社だ。初日の12日には、札幌市内の会場に学生、企業の担当者らが集まり顔合わせが行われた。

同事業では、企業側が提示した経営課題解決のためのプロジェクトに学生(1企業4~5人)と企業が協働して取り組む。学生は約3日間の企業研修を受けた後、詳細なプログラムを設計し、6月下旬に発表。夏休み中にプログラムを実行し、9月に成果発表会を行う予定だ。

昨年の事例では、旅客運送企業の課題「ジャンボハイヤー乗務員の確保」に対し、学生は就職活動中の大学4年生を対象とした観光ルートのプランニングや実際の運行などジャンボハイヤー乗務員の模擬体験ができるインターンシッププランを提案。同プランに参加した就職活動中の学生の就職につながった。今回も、水産加工品の新製品開発から介護施設と地域住民との連携事業の企画まで、内容は多様。同所は、「学生・企業双方の理解が深まるよい機会になる」と期待する。

次の記事

福岡県 大川商工会議所

大川商工会議所(福岡県)は4月から、家具職人を育てる講座「大川家具職人塾」を開催している。来年3月まで、毎月第2・第4の土・日曜日に講座を開く。例年、受講生からは「より熟…

前の記事

新潟県 十日町商工会議所

十日町商工会議所(新潟県)などで構成する十日町きものGOTTAKU(ごったく)実行委員会は5月17~19日の3日間、「~職人探訪~十日町きものGOTTAKU」を開催した。関係者しか見ること…

関連記事

長野県 飯田商工会議所

飯田商工会議所(長野県)は、飯田市、市議会と共に、2050年までに二酸化炭素(CO2)の排出実質ゼロを目指す「2050年いいだゼロカーボンシティ宣言」を3月19日に行った。宣言の…

岡山県 岡山商工会議所

岡山商工会議所は、創立140周年に当たり、「2030年に向けたまちづくり提言」を策定。松田久会頭らが3月29日に大森雅夫市長に手渡し、実現を求めた。提言は、岡山市を日本一住み…

岩手県 久慈商工会議所

久慈商工会議所(岩手県)に事務局を置く、久慈・宮古・釜石・大船渡・八戸の商工会議所と岩手県県北広域振興局、沿岸広域振興局から構成される「三陸グルメマンガプロジェクト…