訪日外客数1600万人突破 10月は44%増で過去最高

日本政府観光局(JNTO)はこのほど、10月の訪日外客数(推計値)が、前年同月比43・8%増の182万9千人で、これまで10月として過去最高だった2014年(127万2千人)を55万7千人上回ったと発表した。単月としては、最高記録だった15年7月に次ぐ2番目の数字となっている。

今年の訪日外客数の累計(2015年1~10月)は、約1632万人。過去最高の訪日客数だった昨年の同時期が約1101万人であり、昨年の記録を48・2%も上回るペースで伸びている。

JNTOでは、訪日プロモーションの効果とともに、「円安基調の継続、消費税免税制度の拡充による買い物需要、航空路線の拡大、中国からのクルーズ船の寄港増加などさまざまな好条件が相まって大幅な増加につながった」と分析している。 市場別では、カナダ、ドイツが単月として過去最高を更新したほか、17市場で10月の過去最高を記録。10月までの累計では、中国が428万4千人となり、初めて年間400万人を超えた。また、11月についても、マレーシアやベトナムからのインセンティブ(報奨)旅行の増加など好条件がそろうことから、引き続き好調な需要が期待されている。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする