JAECAP2015 「日本の食」海外へ

農林水産物等輸出促進全国協議会(関係府省、業界団体、日本商工会議所などの経済団体、地方自治体などで構成)はこのほど、総会(JAECAP2015)を開催し、輸出拡大に向けた取り組み報告のほか、日本食海外普及功労者表彰などが行われた。

総会であいさつした安倍晋三首相はTPP協定の大筋合意に触れ、「日本の食品が、世界のマーケットへと広がっていくチャンス」と強調。「昨年、農林水産物の輸出額は過去最高の6000億円の大台を超えたが、まだまだ少ない」と述べ、輸出拡大に全力で取り組む考えを示した。

また、協議会の輸出戦略実行委員会は、海外での輸出促進イベントや大きな反響を呼んだミラノ万博日本館での取り組みなど直近1年間の活動を紹介。2020年に輸出実績1兆円突破の目標に向けた進ちょく状況などを報告した。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする