日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 「東北復興応援プラザ」好調 再オープンから1周年

「募金のつもりで、商品をご購入ください」という張り紙で支援を呼び掛ける

藤沢商工会議所(神奈川県)が藤沢商工会館「ミナパーク」で運営する、東北の特産品を集めたアンテナショップ「東北復興応援プラザ」は5月26日、再オープンから一周年を迎えた。昨年度は週2回の営業であったが、今年度からは火・水・木曜日の週3回に増え、商工会議所利用者からも好評を得ている。購入者にはリピーターも多く、これからも地域に根差した継続的な東北支援事業の一つとして、期待が高まっている。

ショップは平成23年8月~26年3月までの間、県の補助金を使って運営していたが、補助金の期限が切れたことに伴い、惜しまれつつ閉店。しかし、被災事業所や藤沢市民から店舗再開の要請が多数寄せられたため、昨年5月に再オープンした。店先には、八戸商工会議所(青森県)、釜石商工会議所(岩手県)、塩釜、石巻商工会議所(宮城県)、いわき商工会議所(福島県)の会員事業所などから提供された麺類や水産加工物、菓子類などが並んでいる。

1日当たりの購入者数は30~40人(営業時間は10時半~18時)で、4~5万円を売り上げている。このほかにも、さまざまなイベントに出店し(昨年度は累計35日間)、再オープンから今年3月末までの総売り上げは、約740万円となった。

売れ筋は、いまだ風評被害に苦しんでいる福島県の産品だという。購入者からは、「味はもちろんいいが、風評被害を克服してほしいとの思いもあって、購入している」との声も聞かれ、被災地支援の一端を担いたいという市民の意向がうかがえる。また、販売スタッフに被災地から藤沢に避難してきた人を起用していることから、震災当時の様子や、現地の状況などを購入者に話しながら商品の説明を行っていることも、売り上げにつながっている。

同所では、「今後も継続的な支援として、藤沢から応援を続けていきたい」と、話している。

次の記事

福井県 福井商工会議所

福井商工会議所は5月27日、株式会社そごう・西武と地域活性化に向けた連携協定を締結した。同所が民間企業と連携協定を結ぶのは初めて。地元企業の活力強化と地域活性化を目的…

前の記事

埼玉県 さいたま商工会議所

さいたま商工会議所(埼玉県)は5月17日、目白大学と包括連携協定を締結した。協定は、さいたま市の産業振興ならびに産学連携による地域の活性化、まちづくりの推進を目的として…

関連記事

長野県 飯田商工会議所

飯田商工会議所(長野県)は、飯田市、市議会と共に、2050年までに二酸化炭素(CO2)の排出実質ゼロを目指す「2050年いいだゼロカーボンシティ宣言」を3月19日に行った。宣言の…

岡山県 岡山商工会議所

岡山商工会議所は、創立140周年に当たり、「2030年に向けたまちづくり提言」を策定。松田久会頭らが3月29日に大森雅夫市長に手渡し、実現を求めた。提言は、岡山市を日本一住み…

岩手県 久慈商工会議所

久慈商工会議所(岩手県)に事務局を置く、久慈・宮古・釜石・大船渡・八戸の商工会議所と岩手県県北広域振興局、沿岸広域振興局から構成される「三陸グルメマンガプロジェクト…